一個人は育毛で暮らしが変化しました

育毛の手入れは、年月をかけ頭皮の病的症状に合う製品で、
手入れを継続することで、毛髪は取り戻せます。

健康にたいせつなことは、心と体の柔軟性です

毛を生やすのに関係がないと、お考えのあなたちょっと待ってください。

髪の毛は、血余といわれ、余った血液、栄養から供給されています。

そこで、体が柔らかいということは、
筋肉、血管、神経が柔軟であることに繋がります。
筋肉の柔軟性がとても大切なのです。

運動をして、刺激を受けた、そのときに筋肉が生まれます。

重量物をつかい筋肉の増量を目的にする訓練は、
筋肉が短めに縮むかを効率的に鍛えられるよう考えられています。

縮めることばかりに、力を注いでも限界があります。
縮む筋肉の反対側には、緩んで引き伸ばされている筋肉があります。

その筋肉が柔らかくないと、十分に縮まないので、
そこには力が発揮されません。
筋肉は、どれだけ伸びるかによって運動能力は高まっていきます。

筋肉が硬くなると、足首、膝、腰、背骨の各関節、肩の関節の動きが悪くなります。

そこで、筋肉を柔らかくすると、硬くなった、関節も柔らかくなり、
運動能力は高まることになります。

一流の競技者は、準備運動を大切にするのはそこにあります。

育毛無料相談で、

肩こりがすごい、肩が凝っていると書いてくる人が、女性に意外と多くなっています。

女性は、男性よりも筋肉の量が少ないからです。
肩こりがあるのは、筋肉の緊張の現れといいます。

そして、肩から首筋、後頭部、頭頂部と凝ってきていると思います。
頭皮も凝っていますが、頭皮の状態の感覚はない人がほとんどです。

このように頭皮が凝っていると、10万本以上もある毛穴が緊張していて、
毛の育毛環境が悪化していることを現しています。

頭皮マッサージと、筋肉伸ばし体操をしてください。

毎日すこやかに歩くために

  • 立ったり歩いたり、家事など日常生活のすべて、
    筋肉の活動によって支えられています。
  • しかし、年齢とともに筋肉が硬くなるとスポーツなどや
    日常生活にも支障をきたしてきます。
  • 筋肉が萎縮、硬化して、運動能力低下し動きが悪くなり、
    ますます体を動かさなくなって、
    さらに動きが悪くなるといった悪循環です。

使わない筋肉がしぼんでちぢむことを廃用性萎縮

廃用性萎縮を起こした筋肉でも、少しづつ、動かして柔らかくすれば機能は回復します。

筋肉を弱らせない、しぼませない予防には、筋肉(縮む力)を衰えさせないことです。
よく伸びる柔らかい筋肉が大切です。

筋肉を柔らかくして、筋肉の動きを良くして、年齢を重ねても、日頃の養生で、
とっても元気よく歩くことができます。

毛髪も同じです

薬の副作用で髪が抜けるのは飲むのを控えることで治まります。
病的な脱毛もありますが、男性型脱毛症=若ハゲの兆候は抜け毛の多さにあります。

その数と、抜け毛の種類に注意をすること。
薄毛・抜け毛・細毛の予防対策をしっかりがんばりましょう。

[check]老化は足から忍び寄るといいます。
[check]足の運びが悪くなっていると老化を意味します。
[check]人間の体の筋肉は、腰から脚にかけてたくさんの筋肉があります。

  • 体を動かす骨格筋の7割近く達する9割近くが、お尻や大腿のうしろ、
    ふくらはぎなど大切な筋肉は、体の後ろ側についています。
  • 柔らかい筋肉であれば、自在に関節も動くので、足元がふらつくこともありません。
  • 使わなかったり動かさないでいると、筋肉も血管も萎縮し衰えていきます。

体を動かさないでいたため、血行が低下して栄養分が筋肉に行き渡らず、
筋肉がやせ細るため、血液の流れの良し悪しは、血色=顔色になって現われます。

首から頭皮に循環している血管

頭頂部になればなるほど細い血管=毛細血管から補給されています。

毛細血管は毛の太さの1/10くらいの太さしかなく、
絶えず消えたり作られたりしています。

  • 頭皮の緊張や圧迫で、血液の流れは制限されます。
  • そのため、毛が育ちにくい環境となります。
  • いい毛を生やす環境は、頭頂部の一部の血管だけを拡張するのでなく、
    肩から首筋、後頭部、頭頂部までの血の循環をよくすることがもっとも大切になります。
  • 頭皮の緊張を緩和することで、毛の栄養となる血液の流れも改善されていきます。

血液の働き

  • 細胞が活動するために必要な栄養素や酸素、ホルモンを供給する。
  • 細胞の活動によって産出しった炭酸ガスやアンモニア、
    乳酸の老廃物を回収して疲労を回復させる。
  • 体温を36度前後に保ち、身体機能を高進させる。
  • 病原菌から身体を守る、生体防御。
  • けがなどによる出血を止め、破損箇所を補修する。

健康が維持されている

血液の働きがあるからです。

体には本来、健康な状態を維持するホメオタシス=恒常性、
元の健康な状態に戻そうとする自然治癒力が備わっています。

この自然治癒力の働きを十分発揮させるには、血液のスムーズな循環が不可欠です。

[check]細胞の新陳代謝が若さを保ちます。
[check]血液が澱めば濁る。
[check]東洋医学では、濁った血液のことを お血といって万病の元と考えます。
[check]細胞が活動するために必要な栄養や酸素は、血流によって供給されます。
[check]乳酸や老廃物も血液によって運び去られます。
[check]血液の流れが悪くなれば、細胞は栄養や酸素が不十分で、
  老廃物は溜まった状態で働かされることになります。

細胞は、日々分裂を繰り返して新しい細胞を生み出しています。
血液の流れが悪くなれば、細胞分裂の勢いが衰える、老化が早く訪れます。

いきいきとした活力のある細胞であってこそです。

新しい細胞を生み出し、活力のない不健康な細胞よって生まれた細胞で構成された内臓では、
その働きは低下し、皮膚もつや・はりを失い、女性には悩みの種になります。

健康な体を作るには、血液の流れをよくして細胞の新陳代謝を活発にして、
ひとつひとつの細胞がいきいきとした状態にして維持することです。

冷え性で膝の関節も硬くて正座ができない

脚の筋肉に柔軟性がなくなると、筋肉のポンプ運動がうまく働かないので、

  • 血液の流れが悪くなります。
  • 血液は体温を保つ働きもあります。
  • 流れの悪い部分は、冷たくなります。
    体が病めば内臓など身体に変調をきたしてきます。

病は気から、心=意識の持ちようによって病気にも健康にもなれます。

血液やリンパ液の流れをよくすると免疫力が高まり、
笑うことによってホルモンの分泌が増え、免疫力も高められます。

笑うと心から明るくなり、心も体もすっきりしてくるのはそのためです。

生理学的に

脳内でベータ・エンドルフィンやメラトニンというホルモンが分泌され、
免疫力に重要な役割をする、細胞を元気づけます。

心がふさぎ込むとノンアドレナリンを分泌し細胞を傷つけ病を引き起こします。

[check]健とは体のすこやかさ、康は心のやすらかさ。
[check]真の健康とは、心身ともに健康な状態。
[check]体だけ丈夫な状態は頑健。

笑いを生活の中にうまく取り入れて、育毛手当にプラスになります。


薄毛、ハゲの深刻な悲哀→次のページ