血の粘り

血の粘り

血の粘りで薄毛、ハゲ、脱毛症を進行

育毛手当をしても、なかなか改善しない、治りにくいのは、血の循環を考えてください。

血は心臓から手足、頭皮など末端まで流れて古い血は肝臓まで
送りきれいになって心臓にまた戻ります。

頭皮は、首の横から上がり、次第に細く分散し毛髪の1/10くらいの
太さの毛細血管から栄養や酸素を補給しています。

血が粘っていると、補給路(血管)が収縮すると、末端の毛根の育毛環境は大きく損なわれます。

そこに局部的に育毛剤(血管拡張剤)は、広い範囲に原因があると育毛剤の効果は期待できません。

血の粘りは身体の中を改善

食べた油分のうち余分な油分は、
皮下や身体の中(体脂肪や血中にも)に蓄えられます。

皮脂の分泌は、増えていき困って、皮脂をシャンプー、頭皮クレンジングで
無理に取ると、皮脂腺を肥大させ分泌量がますます増えていきます。

身体の中から調節することです。

薄毛、ハゲ、脱毛症とと気・血・水

東洋医学では、健康は気・血・水の三要素から成り立っていると考えています。

三要素がお互いにバランスを取り合って、健康な身体を維持しています。

西洋医学の血とか水、気という概念とは少し違います。

薄毛、ハゲ、脱毛症の原因も、ストレスによって、気に滞りができると、血にも滞りが起こります。

新鮮な血液や酸素の供給が滞るため、薄毛、ハゲ、脱毛症が進行します。

気の改善だけでなく、血の滞りも同時に改善すると、身体のバランスは正常に機能していきます。

結果、毛髪を育成する環境も整いよくなります。

薄毛、ハゲ、男性型脱毛症は、男性ホルモンや家系的な要因のほか、
最低6つ以上の原因が複雑に絡み合って発症し進行しています。

そのため、外からの育毛手当てを平行して行なうことも必要です。

育毛の効果を上げる

育毛の手当ては、原因をどれだけ改善するかによって育毛手当ての効果が決まります。

原因の多くを改善していけば育毛効果の改善率は上がります。

育毛剤の手当と身体の中を整える手当を加えると改善率、改善速度はよくなっています。

男性ホルモンや皮脂分泌の多さを取り上げられますが、身体の中からバランスを整えてください。

育毛手当ての改善率が、低い薄毛、ハゲ、脱毛症も身体のバランスを整える漢方薬を併用してください。

栄養は髪が一番最後に供給

栄養補給は、生命維持に重要な器官から優先的に栄養を配給して、私たちの身体は健康を保ちます。

毛髪は、なくても健康に関係ない器官と考え、栄養の供給は一番最後ということで、後回しになります。

毛髪は、身体と心の余裕で育成していると考えられ、薄毛、ハゲ、脱毛症の改善には、
身体のほかに、心(意識)に余裕をもち、心身の健康を考えましょう。

毛髪が生える食べ物はありません

薄毛、ハゲ、脱毛症に悩む人口が多くなっていることから、毛が生える食品が販売しています。

毛髪に直接効果のある食べ物はないと考えてください。

薄毛、ハゲ、脱毛症は、お話したように身体のバランスが乱れたときに起こり発症して進行します。

身体の中を整えることが、育毛環境がよくなることは事実です。

毛髪に大きく影響している内臓

腎機能(水の領域)が、悪いと薄毛、ハゲ、脱毛症は発症して進行します。

ストレスは、気の領域。血管は、血の領域。

薄毛、ハゲ、脱毛症は、気血水のバランスを整える漢方薬と育毛剤を使い
外からの手当と併用すると育毛手当ての改善率は高くなります。

気血水の身体のバランス改善で、身体も毛髪も健康になり、一石二鳥。

スポンサードリンク




毛細血管が皮下組織で死ぬ←前に戻る
頭頂部・側頭部への血流不足の原因→次のページ