貯蓄0円から一般的な主婦にだって月収10万円台であっても1000万円貯めるテクニック

投稿日: カテゴリー: お金の貯め方・増やし方

1000万円貯めるテクニック

1000万円貯まる家計管理テクニック

うまく行く時と行かない時の分かれ目!例外なく確実に貯まる方法を濃縮、1000万円台で貯まるテクニックを徹底的に説明。

月収10万円台の範囲内で子供3人だろうとも貯められる。豊かに生活しても貯まるテクニックが盛りだくさん。

先取り、年払い、支出把握、単純な方が貯まる!

貯蓄の極意は単純、貯めるお金を先取りし、出費をカットするのみ。オーバーしないよう管理して、得をする使い方をやることが一番なのです。

ポイント①

・レシートと通帳でどこにどれくらい使ったのみムダなく把握
詳細な分類は必要としないけど、消費したお金を把握しないと「出る」が生じやすくす。通帳になんのために必要な出費のお金かをメモしておく。
食費はレシートを週ごとに集計して、1週間7000円くらいの出費を保つ。

ポイント②

貯蓄のキープは確実に。支払うはずのものは年払いと考えて安くを徹底的に。
貯蓄は先取りで4万5000円を確保する。学資保険や年金保険といった固定費は、年払いとして月払いなんかよりも安くするということが、家計管理の基本線です。

1000万円貯まる生活習慣の秘訣とは?

「小さな無駄はやらない」「お得生活をやってしまう」この2つさえすればミニマム家計に!

お金を今小さく使用するか、その時になって大きく支出するのか。小さな無駄をしないでコツコツと貯め、生活をエンジョイするお得を発見すれば、ミニマムな生活習慣に。

●モニター会員、懸賞、株主優待、「満足できる暮らし」はお得情報で誕生する

1000万円貯まる人・貯まらない人の脳内はこれほどまで全然違う

貯まる人は「ずっと先を読んでポジティブ」。貯まらない人は「現在の状況に拘束されネガティブ」。

貯まる人は、ビッグな目標を持ちそこをどのように達成していくのか、将来を読んで計画を立てているので、現在の状況もブレルことがないやり繰りに。

その一方、貯まらない人は「今」のしんどい事実に死に物狂いで、どうやって打開していくか将来を考えていない特徴が。

「貯めよう」とポジティブに感ずる気持ちの有る無しが、貯まる人と挫折する人の全く違うところと考えられます。

1000万円貯まる人

・固定費もやり繰りも支出は着実に把握してるのです
・特別出費、数年先の出費も洗い表示します
・年100万円以上は貯めるために計画するのです
・1000万円は通過点、3000万円・5000万円を目指します
・限りがあるお金、大切に働かせます
・今をハッピーに暮らして貯めよう
・困難を目の当たりにしても諦めません

1000万円貯められない人

・固定費orやり繰り費の額、ビミョウに把握していないかも
・思っていた以上にお金がかかっていて
・貯められるだけ貯められればいいのになあ
・目標?10万円、そうだな~5万円かもね
・我慢して貯めようと思っていないです
・今もハードなのに、きっと思い通りにならない
・今は貯め時じゃなければ諦めてます

家庭の経済状況を豊かにするというのは、懸賞や調査モニター、株主優待あるいはお得に手に入れられる方法で確保する。

近頃では、商品を購入してアンケート調査に答えると、全額~半額くらいのポイントを手にできる”買い取りモニター”がお得になります。

スポンサードリンク



●「どこが削り落とせる?」小さな節約の積み重ねでドカ~ンと貯まる
消耗品や嗜好品、子供費は、現在は最小限度に。暮らしの中で出ていく小さなお金になればなるほどカットし、ドカ~ンと貯めていった方が良いでしょう。

観光旅行や子供が希望する時に使いたいと考えれば、目の前の浪費のメリットはなくなってしまいます。

1000万円貯めたい人へ

1000万円貯まる人、貯まらない人「脳内」に違いが出てくる。成功する人と挫折する人。

根本的に「脳内」に違いがあるということが知るところとなったのです。成功者と挫折者を調査をして明らかになった1000万円を達成させる、挫折する人の共通点から、挫折させないようにの4原則も発見できました。

1.支出を把握する

成功者と挫折者の違う部分。貯まる人は支出を把握し、貯まらない人はあやふやな。「予想外」の出費で挫折しているはず。

2.年間貯蓄額を決定づける

ばくぜんと「貯まればうれしい」と思っていることが貯蓄挫折者。成功者は目標額を決定、達成のためにしなければいけないことを計画するのです。

3.目標を高いレベルに持っている

挫折者は目標が低レベル傾向に。「5万円?」と考えたら、1000万円は貯まりません。成功者はチャレンジしてみる意欲を保持しています。

4.あきらめない

貯めた人は、挫折したって「あきらめない」。どんな人でも困難はあるはずです。「あきらめない」といった気持ちが最終的な分岐点になります。

はじめの2年が分かれ道

「2年」だけがんばれば1000万円貯まるのです。成功者はビックリするかもしれませんが全員「努力したのははじめの2年ぐらい」と証言します。

しかも、挫折者ははじめの1年に集中。「2年」の乗り切り方、チェックしていきます。

●1年目「がむしゃら」
とりあえずは支払いの把握ということから。やり繰り超ビギナーとして取りあえずできることは何もかもトライする時期。テストを繰り返すことによってしか、自分自身に合ったやり繰りスタイルは見つけ出せません。

・「残っているお金でやり繰りするペースを作る年」と理解して
貯蓄は確実に先取りを。残っているお金で生活を送れるようアイデアを出して。1年費やして、苦労することなくやれるようになればOKなので、無理はいけません!

・不慣れなやり繰りに物欲が噴出するころ
2ヶ月目以後というもの物欲との勝負どころが、ストレスで衝動買いに走って、挫折者がぞくぞく現れます。けれども辛いことはこのタイミングだけ、「あきらめない」でやり続けることが必要です。

・ちょっとだけ貯まるとあれやこれ欲しくなってしまう
貯蓄額が10万円、50万円とキリのよい数字となった時は注意が必要。「ご褒美」に思いがけない出費をゆるすと貯蓄があっという間に崩れるのです。

・「貯蓄」の2文字が根付くというのに1年必要
浪費家さんが、突然のよう貯まる人になれません。貯まる家庭の経済状況は年月を費やして根付かせるものなのです。速攻の効果は期待しないで、1年かけて取り組んでいくものです。

●2年目「意識の改革」
「残っているお金で暮らしていく」クセがついたら、その後はよりスピーディーに貯まるよう管理を行います。「ストレスがなくてあたり前のように貯まる」やり繰りを身に付けられれば、その後は1000万円までノンストップです。

・貯蓄額のシュミレーションをやってやる気2倍アップ
1年間の成功体験をもとに、2年後、5年後、10年後にどれくらい貯まるか、計算をしてください。この1年だけに限らず、将来のあなた自身にも自信がついてきます。

・改善点、削られる点はないのか再確認
1年間一所懸命に実行してきたなかで、家計や出費の内容はつかめてきたのはないでしょうか。無駄は存在しないか、変えるところはないだろうか、緊張から解き放たれて考えましょう。

・キツかったこと、できたということをまとめて管理。キツいっていうのはカットしよう
貯蓄は時間がとられるものなのです。ストレスを感じるっていうのは継続しません。可能であれば手放すことによって、「自動的に貯まる」生活習慣を作るという意識ができるはずです。

・これまでよりやるぞ!と思わない欲が生じたら負けてしまう
2年目のワナは、「これまで以上に貯めよう」と欲を見せるやり方。息切れして、挫折の道へと転落する傾向にあります。できるぎりぎりのラインの少し下ぐらいを目標に。がんばりすぎないということが継続のカギになります。

やり繰りが安定して、より以上に貯まりだす

2年間で培った「残っているお金で楽々暮らしていく」やり繰りで、がんばらなくても貯まるかのごとく。

気がつくと1000万円、貯まるほどになってきています。

●成功者がしていた1000万円貯める最強キーワード5つ
今の時代、1000万円貯めるために重要な決定的キーワードを。このポイントだけ押えれば貯まると申し上げても過言じゃない重要な5つ。

1.先取り貯蓄
貯蓄は「確実にするということが最優先」です。貯めた人は100%先取り貯蓄を進めてるのです。1000万円貯めたいならば、財形や自動積み立てだったり、自然と貯まる仕組みを作るのが欠かすことはできません。

2.先回り管理
貯まらない人はどのような人も「予定外」の出費で家計が崩壊しています。臨時の出費など「予定外」にならない様に、先回り予想し準備することが必要になってきます。貯蓄を管理する最強の方法です。

3.メリハリ
マジで欲しい物、使ってみたいことには確実にお金を使う。それだけの満足感を味わうというのが、あなた自身にどこが無駄かを明らかにし、自分なりにブレない家計を作っていくでしょう。

4.お金をより働かせる
ポイントを家計の足しに変える。少々でも金利のよい貯蓄を使うだったり、お金でお金を作る意識を。情報に敏感となることを通じて、変わることのないお金でもますます効果的に使うことができるテクニックがアップします。

5.ご家族フレンドリーに
チームワークが良かったら、節約もハッピーに貯蓄もストレスなく進行します。夫婦で同じ様な目標がある。夫にやる気を発揮させるご褒美を準備するとか、歩調を合わせるツボを見つけてください。

1000万円思考を作る言葉

1000万円を目指す人、成し遂げた人の「金言」とは、リアル。貯蓄心に勇気づける言葉をご覧ください。

・どういったやり方でお金を使えば驚くほど楽しいか
貯めるのに加えて、使う快感を思う存分味わうことが望ましい。特別感が大きければ大きいほど、自動的ににお金をかけなくなるのです。

・たばこを吸うのってお金に火をつけて燃やしているみたいなもの
月2万円のたばこ代は240万円にだって。海外旅行に何度でさえ行けると一生懸命な節約が夫を動かすのです。

・困った時に助けてもらったのってコツコツと貯めてきたお金でした
お金で人間関係がか弱くなった人、人生が変化した人。頑張って貯めたお金は、自分自身や家族を守る鎧です。

・1000万円はずいぶん多いと思っちゃったけど、やり繰りと仕事をがんばればあれよあれよという間に貯まるんだな
ライフスタイルと出費を小さく調整して、自分自身の収入は貯蓄に充てる。出費をカットし収入を増額させる工夫で、意外に1000万円は身近になったわけです。

・時間には制限があって、そういうわけで稼げるお金をどうやって上手く活用していくか?
無駄金を使わないとか頑張ることが、大事ではないだろうかと思うようになりました。

・絶対必要な情報はちゃんと手に入れる
同じようなサービスについて高く支払うっていうのはゆるせないと感じてます。

スポンサードリンク