ダイエットで無理がある食事制限には手を出さない

投稿日: カテゴリー: 活気ある体をしっかり作る

ダイエットで無理がある食事制限には手を出さない

ダイエットで食べないということはリスクが大きいからやめるべきです!

摂取カロリーを消費カロリーが上回ったら誰でも、ダイエットでちゃんと痩せるわけですから、そしてはなんといっても運動が大事になってきます。

ですが、食事で摂取するカロリーと比較して、運動で消費するカロリーはかなり低いものも事実なのです。

例えるなら、ジョギングを40分してみても、約200キロカロリーの消費ですので、おにぎり1個分のカロリーくらいにしかならないのです。

その反対に、成人女性の1日の必要摂取カロリーは約2000キロカロリーなのですが、昼食と外食をある程度抑えて1500キロカロリーとした場合、いつもと違う運動をやらなくても、12日で1kgのダイエットに相当する計算というわけです。

スポンサードリンク


脂肪を1kg消費するのことを考えれば約7000キロカロリーが必要性!

すなわち、食事制限を集中してやり通せば、ダイエットは間違いなく成功することが難しくありません。

だからと言って、ダイエットで食事制限を行なう場合、とにもかくにも非常識に食べるものを削って、摂取カロリーを下げるということがよくあります。

こういうのって考え違いです。これを行ってしまうと、短期間のうちに体重を減らすことができますが、脂肪だけでなく筋肉まで半減してしまいます。

基礎代謝が低下するだけに限らず、からだが飢餓状態を引き起こし、より脂肪を蓄えようとしてしまうのです。

そんなやり方で、体重はダウンしても体脂肪は思った通りに減らず、太りやすく痩せづらい体質となって、栄養不足で皮膚はカサカサ、体調を崩すことだってあります。

ダイエットが終ったと思ったら直ぐに、それに見合ったストレスを解消するといったドカ食いをし、リバウンドする、ことだって起こってしまいます。

また、無理な食事制限ダイエットは挫折しやすく、このことを実践していると中断した時の反動でリバウンドすることが多い体質となって意味なく太りやすくなったりとか、恐ろしい場合には拒食症や過食症というような病気にもなってしまうかもしれません。

ダイエット中の食事制限の時には、筋肉の素であるたんぱく質をちゃんと摂り、バランスよく栄養を摂りながらも摂取カロリーを抑えていくことが必要です。

食事制限ダイエットを成功させ、ダイエット後もリバウンドをしないことを考えれば、結果に一喜一憂しないで、とにもかくにも無理・我慢をしないで無茶をしない、バランスよく栄養を摂る、それでいて「腹八分目」が、バッチリですね。

時間を費やして一歩一歩良く噛んで食べることを通して、からだは満腹感を感じて食べ過ぎを避けることができます。

食糧をちょっぴり減らすように気をつければ、「レプチン」という食欲抑制ホルモンが分泌されるようになって、満腹中枢を刺激して食欲を時間をかけて抑えてもらえるようになってくるのです。

血糖値が上昇する時間は60分でピークになると考えられていますので、短時間の食事は、満腹感が得ることができず食べ過ぎの誘因になります。

良く噛むことによって、脳内で「ヒスタミン」や「セロトニン」という物質が分泌され、満腹感が増加して食べ過ぎるのを防いでくれるでしょう。

しっかり噛むことを通して、脂肪細胞の分解や燃焼効果を高めてくれるはずです。

食事制限ダイエット時には、脂肪と併せて筋肉もエネルギーとなって燃やされてしまうわけです。基礎代謝の基にといった筋肉をなるべく減らさないよう、たんぱく質はしっかり摂っていただきたいですね。

肉や魚に含まれるビタミン群や油は、脂肪を燃やす燃料になりますので、食事制限ダイエットだとしても肉や魚を摂らないと、脂肪を燃やすことができなくなってしまうわけです。

食べた物を無理なく排出することを考えれば、食物繊維をやや多く摂取しましょう

食物繊維は腸の機能を高くし、小腸で糖分や脂肪の吸収を抑えて、便通を改善して老廃物を排出しやすくされるのです。

また、食物繊維は腹持ちがよく、満腹感を増加させてもらえますので、減量中のストレスを和らげてくれます。

アルコールに関しましては、ビールやワインには糖質が多く含まれていることもあって、血糖値を上げてしまうようです。より一層、糖質を分解・燃焼させるためには肝臓が働くことが求められるのですが、アルコールの分解にも肝臓が利用されます。

すなわち、アルコールを飲むことから肝臓の働きがアルコールの分解に忙しくなってしまって、ダイエットのために働く限界状態になってしまうので、食事制限ダイエット中は、お酒は飲まないほうがいいでしょう。

どうしてもというケースは、ウイスキーなどといった糖質が少なくて済むお酒をチョイスすると良いでしょう。

食事をすることによって脂肪を燃やしやすくなっておりますので、激しい運動は必要ではありません。とにもかくにも、食事だけもしくは運動さえすれば痩せるのって非常に困難で、理想的な食事と運動といったバランスを保つことが重要になります。

ダイエット中に訪れる「停滞期」、そこに至るまでは体重が落ちていたけれども、突然のよう体重が減らなくなる停滞期が来ることがあるのです。

この停滞期にダイエットを挫折する人が格段に多いともされています。

一生懸命やっても、体重が落ちないとやる気が落ち込んでしまいます。過激な体重変化が見られるケースでは際立って起こりやすい現象なのですが、じっくり耐えていますと、体重はまた減り始めます。

この停滞期は、「ホメオスタシス機能」と呼ばれる恒常性維持機能のことをいい、激しい変化に対抗するためからだが元の形へ修復しようとする働きが原因になっています。

すなわちこういうのって、人間が生きていくことを考えてからだに組み込まれている大切な機能です。

飢餓状態におちいり、からだに貯めておいたエネルギー源が減ると、エネルギーを消費することがないように脳内の倹約モードに、切り替わります。

脳内が倹約モードに切り替わることを通して、からだの栄養状態を保とうとしているのです。

脳内の倹約モードのスイッチは、1ヶ月に体重の5%以上減量するとONとなって、停滞期に突入していきます。ダイエット中の停滞期を取り除き、ダイエット後にリバウンドすることがないようにするためには、1ヶ月に体重の5%の減量という計算でダイエットプランを練るようにしましょう。

例として、60kgの人なら5%は3kg、60kgから50kgへ減量することを願うなら、最低3.3ヶ月の期間が求められます。

短期間で結果を求めずスロープ状のダイエットということじゃなく、階段をゆっくり降りるといったようなダイエットを心がけたいものです。

このようなケースも、運動と併用することを通して効果が上がってきますから、食事と運動の2つのポイントは重要なのです。

ふだん運動をしいない人でも、ちょっとした心がけでカロリー消費を上げることができるのです。

どんな場合でも姿勢を意識することを通して、腹筋と背筋を鍛えることが行なえます。その反対に猫背になったら、リンパの流れが悪くなって代謝が下がってしまうことになります。

朝の白湯もおすすめです。からだを温めてくれるので、基礎代謝を上げてくれる効果が期待できます。

睡眠時間が確保できないと、食欲を増やす「グレリン」というホルモンが分泌することもあって、ダイエットに不適切です。質の良い睡眠はリラックス効果があって、7時間半~8時間眠ることによって脂肪燃焼効果がアップします。

マッサージもダイエットに効果が出てくる!

お腹やふくらはぎ、太ももなどのむくんでいるからだの部分をお風呂でマッサージすることで、リンパ液と共に老廃物が流れ、体脂肪が燃焼されやすくなっていくのです。

しかしながら、運動をして汗をかいたら「すぐさまお風呂につかって汗を流したい」と思われますが、運動をスタートして約20分くらい経過すると、脂肪が燃焼するようになり、運動をし終わった後でも約30分間は脂肪燃焼効果が継続されているわけです。

しかしながら、運動直後にお風呂に入りからだを温めることを通して、脂肪分解の働きが低下してしまって脂肪が効率よく燃焼されなくなるのです。

そんな理由から、運動後にすぐさま入浴するというのは控えるほうがベストだと思います。

運動後30分以内に入浴した場合、大切な脂肪燃焼効果が、入浴したことで効果がなくなっちゃうからです。

それを受けて、運動後30分経過してから入浴するということが良いと思いますが、あまりに汗をかいて気分が良くないという人は、お湯の温度を30度に設定して入浴するといいと思います。

38度以下の温度のお湯であるならば、脂肪燃焼効果は持続させてくれるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。