ダイエットに効果的といわれる食べ物

投稿日: カテゴリー: 活気ある体をしっかり作る

ダイエットに効果的といわれる食べ物

アミノ酸

脂肪燃焼効果やリフレッシュ効果、とりわけ運動の前か後ろ30分の取り入れが効果があります。

・アルギニン
脂肪を燃焼させる成長ホルモンの分泌を活性化させ、筋肉増強やアンチエイジングなどに効果があります。

・αリポ酸
即効性はほんの少ししかありませんが、抗酸化作用や脂肪燃焼作用があるのです。運動と併せて使用することによってさらに効果が増大させ、内臓脂肪を燃えやすくされるのです。

・オルニチン
新陳代謝を活性化し、成長ホルモンの分泌を促進する効果を見せるので、脂肪燃焼効果を向上させる作用があるのです。また肝機能の働きをサポートし、リフレッシュ効果も見られます。

・カテキン
抗酸化作用と同時に脂肪燃焼効果を発揮します。

スポンサードリンク


・カフェイン
中枢神経を興奮状態にすることに起因する脂肪燃焼作用や利尿効果を発揮します。しかしながら、副作用も心配されることもあって、摂取し過ぎに対しては注意が必要です。

・カプサイシン
アドレナリン分泌に影響される発汗作用や脂肪燃焼の促進効果、生活習慣病の改善や冷え性の改善、疲労を緩和する効果、有酸素運動と組み合わせることによってより一層効果が上昇します。

・コエンザイムQ10
強力な抗酸化作用があって、広い範囲の病気の予防効果とエネルギー燃焼を向上させる脂肪燃焼効果が期待されます。

・ビタミンC
筋肉の成長をサポートする。1日500~2000mgを食後30分の時間内に分けて摂ることが効果を発揮します。ビタミンC不足で下半身にセルライトが付きやすくなります。

・プロティン
代謝を向上したり、運動と組み合わせることによって筋肉を増加させてくれますので、脂肪燃焼効果がアップして、痩せやすいからだを作り上げるのです。

・L-カルニチン
リジンとメチオニンを材料に変えて体内で分泌されるアミノ酸の一種。脂肪燃焼をサポートする働きが期待されます。

・L-プロリン
必須アミノ酸の一種でコラーゲンの素となる成分。脂肪燃焼効果が認められるリパーゼという酵素の分泌を促進します。

有酸素運動に欠かせないのが水分

水分十分ではない状態にあると、すんなりと脂肪が燃焼なされないこともあって、水分の摂取は欠かせません。

また、脂肪燃焼を驚くほど早めてくれる効果が認められるということが、カプサイシンです。

カプサイシンについては、トウガラシなどに含まれる独特な辛さを持つ成分のことをさしますが、このカプサイシンを摂ることによって、ますます脂肪を燃焼する効果が高くなります。

カプサイシンの効果においては、生活習慣病の改善や冷え性、疲労を和らげる効果もあることから、有酸素運動を行なう前の食事に摂り入れることによってその効果を発揮してくれます。

カプサイシンを含む食品は、トウガラシ、キムチ、豆板醤、ラー油、タバスコ、コチュジャンなどになります。

カプサイシンを摂ることによって、脂肪の分解、脂肪燃焼、新陳代謝の促進とダイエットにおいてはうってつけということなのです。

運動する前にコーヒーを飲むと、痩せには効果を見せてくれます。

細かいところまでお話しすると、コーヒーで痩せるというのではなくコーヒーに含まれるカフェインが影響を及ぼしているということが理由にあるんです。

ダイエットにおいては脂肪燃焼は欠かせないことではありますが、カフェインには、脂肪を燃焼させるために働きかける作用があるのです。しかしながらこの働きかけに求められるものが、からだに水分があるかどうかなのです。

本当は水分をあんまり摂らない人がカフェインを摂れば、利尿作用で水分ばかりがからだの外に排出されることが起こります。

限定的に体重が減るかもしれないけれど、本当のところなんてことのない水分不足によって減っただけに過ぎません。普通であれば、水分の役割りには栄養を各細胞に運ぶために水分が使用され、使われなくなったものも、水分などを使って運ぶ作業を行なっています。

しかし水分不足が進行していると、この運搬そのものが不可能になりからだに不必要な脂肪の運搬も困難になってしまうことになります。

そのうえでもう一つにがカフェインの摂り過ぎです。

どれほど脂肪燃焼の働きかけを行なってくれるからといって、飲みすぎる場合や日頃からカフェインを摂り過ぎているとしたら、やっぱり利尿作用も考え、からだの外に出る水分の量も増加してしまうのです。

コーヒーを飲むのだとすれば、1日に3杯までとしつつも、その上水分をきちんとやや多く摂っておくことだって必要とされています。

カフェインを摂るタイミングは、運動をする30分前から1時間前に摂っておきさえすればいいですねえ。

その他に、アミノ酸も必要不可欠です。毎日運動することによってより効果的になってくるのですが、疲れも生じます。こういった疲れに関しては、効果を発揮するのがアミノ酸というものです。

当たり前として、からだを休めること。休息を取るというのは原理原則に違いありませんが、こういった休息を取るタイミングにアミノ酸をプラスすることによって、からだの回復を早めようといった意味になります。

アミノ酸は、3大栄養素の一つであるたんぱく質を構成している最小単位です。

たんぱく質を構成しているアミノ酸は、約2種類あり、体内で合成できなくて、食べ物から摂らなければどうしようもないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。

必須アミノ酸は9種類ありますので、いずれひとつでも欠けているとからだも働きに影響が出るため、バランスが取れない食事をしないでバランしよく摂取することが重要になります。

アミノ酸を摂るということは、たんぱく質を摂るということになるでしょう。

たんぱく質に含まれるものがアミノ酸ということであって、このアミノ酸こそが筋肉の回復を図り、明日へとつながる重要な成分に違いありません。

必須アミノ酸

・イソロイシン
イソロイシン、ロイシン、バリンの3つを合わせて「BCAA」(分岐鎖アミノ酸)といいます。このことは、筋肉の成長をサポートする働きもあるのです。イソロイシンそのものにも、筋肉の成長を促したり、血管を拡張したりとか、反射神経など神経系を手助けする作用があるのです。牛乳、鶏肉、さけ、プロセスチーズなど。

・スレオニン(トレオニン)
人の成長を促進し、肝臓に脂肪が蓄積されるということを予防します。体内でコラーゲンを合成するときの材料の一つでもあるのです。魚、肉、豆類など。

・トリプトファン
眠りを導く効果を発揮する「セロトニン」や「メラトニン」の原料。セロトニンそのものは、食品から摂るということが出来ないことから、原料であるトリプトファンを含む食材を摂ることが必要になります。また、コレステロールのコントロールや更年期症状の改善においても期待が持てるといわれているようです。豆類や大豆を使った豆腐、納豆などの加工品、魚など。

・バリン
血中の窒素量をコントロールし、成長に関するにとどまらず、筋肉の強化、回復のサポートとして機能します。食欲不振の薬に使用されることだってあります。レバー、子羊肉、ピーナッツなど。

・ヒスチジン
子供のとっては「必須アミノ酸」。成長に深く関係していることもあって、成長期の子供であれば必要量に合成速度が間に合わず必須アミノ酸として扱われているのです。成長の関与だけに限らず、神経系の機能のサポート、皮膚の形成、ヘモグロビンや白血球の生産に対する関与、食欲を抑える、脂肪燃焼などのような効果を見せてくれます。大人にとりまして「非必須アミノ酸」。鶏肉、豚肉、かつお、まぐろ、チーズなど。

・フェニルアラニン
神経伝達物質を分泌し、人を興奮状態にさせます。しかしながら、これそのものの性質においては痛み緩和もあって、鎮痛剤や腰痛病対策にも用いられます。大豆製品といった豆類、ナッツ類。

・メチオニン
硫黄を含み、水に溶けにくい性質、アレルギーの発生を抑える効果がある化、薬物中毒の解毒やうつ病の改善薬などに使用されます。赤身の魚、肉類、卵、ほうれん草、ブロッコリーなど。

・リシン
外部からの侵入してくるウイルスや細菌を防ぐ抗体の材料となる他、からだの成長、免疫力をアップさせる働きもあるのです。さわらやさば、鶏肉、豚肉、豆類、チーズなど。

・ロイシン
筋肉の成長や筋たんぱく質の維持はもちろんの事、肝機能の向上や育毛作用などに対しても効果を発揮します。血糖値のコントロールにだって不可欠であり、メタボリックシンドロームなどを心配している方においては必要になります。大豆製品、牛肉、レバー、あじ、さばなど。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。