glutamatena

乳化成分 アシルグルタミン酸塩類

ステアロイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na

スポンサードリンク


SODIUM STEAROYL GLUTAMATE、SODIUM LAUROYL GLUTAMATE
グルタミン酸とステアリン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸などの脂肪酸塩化物をアシル化反応により得られる、アニオン界面活性剤の代表的な原料です。

脂肪酸の性質で洗浄力や起泡性が異なっています。

皮膚や粘膜に対する刺激性が少ないので、敏感肌用の石けん、シャンプーに好んで使われている界面活性剤です。

アミノ酸系洗浄成分という事で、使用時や使用後の肌への感触がマイルドなので安全性の実感できる特長があります。

ステアロイルグルタミン酸Naは乳液やクリームなどの製品に乳化成分としても使われています。

洗浄成分 アシルメチルタウリン塩類

ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa

SODIUM METHYL COCOYL TAURATE、SOUDIUM METHYL LAUROYL TAURATE
ラウリン酸などの脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩で、アニオン界面活性剤の代表的なタイプの一つです。

酸性の水でも、硬水でも使用できる洗浄成分です。

安全性が高く、泡立ちがよく、汚れもよく落とせるので、シャンプーや洗顔料に広く用いられています。

洗浄成分 アルキル硫酸エステル塩類

ラウリル硫酸Na、ステアリル硫酸Na

SODIUM LAURYL SULFATE、SODIUM STEARYL SULFATE
ラウリルアルコールなどの硫酸エステルのナトリウムやカリウムなどアルカリとの塩です。

アニオン界面活性剤の代表的な成分で、古くから使われています。

洗浄力が高く、泡立ちもよいのでシャンプーなどの洗浄料に使われています

洗浄成分 高級脂肪酸Na塩類

ラウリン酸Na、ステアリン酸Na、ステアリン酸Na

SODIUM LAURATE、SODIUM STEARATE、POTASSIUM STEARATE
ステアリン酸、オレイン酸、ラウリン酸などの脂肪酸とナトリウムとの塩です。

脂肪酸とアルカリの違いにより洗浄力、起泡力などの洗浄特性が違います。

洗浄力や泡立ちや泡の堅さなど洗浄特性が出しやすいので、様々な洗浄成分と組み合わせて洗顔料やシャンプーなどに使われています。

洗浄成分 コカミドDEA

COCAMIDE DEA
ヤシ脂肪酸のジエタノールアミド縮合して得られる洗浄成分です。

洗浄力が強く、洗顔フォーム、ボディーソープなどの洗顔料やシャンプーなどの頭髪洗浄製品に広く使われています。

洗浄成分 コカミドプロピルベタイン

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン

COCAMIDOPROPYL BETAINE
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミンをカルボキシメチル化して得られるベタイン型の両性界面活性剤です。

洗浄効果とリンス効果を併せ持っているので、リンスインシャンプーが代表するトリートメント効果の高い洗浄製品に配合されています。

洗浄成分 ココアンホ酢酸Na

2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン

SODIUM COCOAMPHOACETATE
カオチン基とアニオン基の両方を分子の中に持っている両性の界面活性剤の代表的な成分です。

硬水にも洗浄力が落ちることがありません。

肌や毛髪に対して刺激性や溶解性が少ないので、マイルドタイプの洗顔料やシャンプーなどに配合されています。

髪に艶を与え、柔軟にしたり、肌に潤いと柔軟性を与えたりする目的に適しています。

洗浄成分 ステアリン酸

POTASSIUM STEARATE
アニオン界面活性剤の代表的なタイプの一つです。

高級脂肪酸のステアリン酸のカリウム塩で、カリ石けんとも呼ばれている白色の固体です。

乳化剤や洗浄用化粧品に泡立ちを高めたり、併せの性質を固めにしたりする目的で配合されています。

Na塩に比較すると水溶性に優れているのでボディーシャンプーに使われています。