毛細血管

毛細血管では、詰まると、だんだん上流の方に悪影響が及びます。
毛細血管自体が、死んでしまいます。

毛細血管が皮下組織で果てる

原因は、毛細血管が赤血球よりも細いことで、赤血球が本来の軟らかさを維持していれば、
形を変えて毛細血管を流れますが、硬くなった赤血球は、入口で詰まることで、
血液がそれ以上流れなくなり、栄養が滞り、毛細血管は死滅します。

毛細血管が皮下組織で死ぬと、その部分は、脂肪が燃焼できません。

脂肪が溜まり放題になるため、肩の筋肉で起これば肩こりに、
肌のそばで起これば肌荒れ、体のあっちらこっちらでさまざまな悪影響を及ぼします。

一般的には、食物繊維とオリゴ糖が、腸の老化を防ぐ栄養素といわれています。

腸の老化を防ぐ

腸の老化を抑制する効果を高める栄養素が、ビタミンUで、積極的に摂取が効果的です。

ビタミンUは、悪玉菌の繁殖を防止・腸の粘膜を修復します。

腸をきれいな状態に保つ働きがあります。

ビタミンUは、キャベツから発見された成分です。

レタス・セロリ・青のりが豊富な食材で、ビタミンUは、熱に弱いので、
ジュースにして、オリゴ糖、ヨーグルトを混ぜて飲むと、腸内老化を防ぎます。

サイトカインの種類

それぞれは細胞間での情報伝達、炎症を増悪させる働きと、
逆に抑制させる作用、抗腫瘍作用、ウイルスを撃退する作用などを持っています。

免疫反応において、細胞相互作用を司る液性因子の総称。

インターフェロンは、組織細胞ウイルスに感染すると、T細胞や感染した
組織に対する抵抗性を増強し、感染した組織細胞に対するリンパ球の感受性を増強します。

インターロイキシンは、主としてT細胞から遊離され、
他のリンパ球に働きかけて、分裂や分化を引き起こします。

T細胞

B細胞と同様に、特定の抗原を認識して働きます。
T細胞はいくつかの異なったタイプに分類されます。

頭皮に異常が衰えている

頭皮に異常があるが、薄毛が気になり、いきなり育毛剤を使っても
育毛効果が低いか、逆に頭皮の異常や衰えが促進して、
薄毛、ハゲ、脱毛症を悪化させる原因にもなります。

毛髪の成長に、悪影響を及ぼすことが多くなって、
育毛剤を使うことが怖くなり、髪の毛の悩みがストレスになっています。

ミノキシジル=医薬品の育毛剤を使っても、うぶ毛しか生えないのは、頭皮に異常があるからです。

育毛剤は、ローションタイプなので、頭皮を保護・補修する作用がほとんどないと思ってください。

頭皮と育毛

育毛は、毛を育てることばかりでなく、頭皮を大切に育てることが特に大切です。

育毛剤で、血管を拡張しても、血が粘っている、新鮮な血が循環しにくい状態の
頭皮(皮膚)は、育毛剤の成分は、少ししか効果は得られません。

毛に栄養をやったり、血管を拡張することだけを考えている育毛法は、
局所的な効果や一時的な効果しか得られていません。

頭皮に異常があるのに、作用の強い育毛剤を使うと、髪の毛よりも、
頭皮がかぶれて、逆効果になることが多いようです。

育毛剤のクレーム

[check]頭皮がかぶれる。
[check]かゆみがでる。
[check]うぶ毛しか生えない。
[check]硬毛に育たない。
[check]最初は効くが、効き目が持続しない。

育毛剤も症状に合わせて、特化した育毛剤を使ってください。

頭皮を回復させて、正しく育毛剤を使用しないと、
育毛手当をしているのに、薄毛が進行する、ということになります。

食生活指針10ヵ条

食事を楽しみましょう。
食事は楽しく、おいしく食べることが心身の健康にとって大切です。
食を共にすることが、人と人の結びつきに重要な役割を果たします。

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズム
朝食をしっかり食べて、1日を始め、間食や夜食は取り過ぎない。

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランス
料理の組み合わせを考えることは、多様な食品をとることにつながります。
偏りに注意し、バランスのとれた食事を。

ご飯などの穀類をしっかり
日本人の食事の大きな特徴は、主食があるからです。
米などの穀類には、食物繊維が含まれています。
戦後の日本人の栄養素摂取の推移は、米離れといわれ、炭水化物が減少して、脂肪、
とくに肉など動物性脂肪が増えてきて、糖尿病や肥満といった生活習慣病増加の一因となっています。

野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚など組み合わせて
主菜には魚、豆類、大豆製品をすすめています。
ごはんだけでは不足するアミノ酸が、大豆製品で補われるのです。
ごはんにみそ汁、ごはんに納豆の組み合わせで、肉類はできるだけ赤身に心がけましょう。
血液中で固まりやすいのは、脂です。
野菜、果物はビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなどのビタミン類や
フラボノイドといった抗酸化物質を含んでいます。
カリウムや食物繊維なども多く、野菜、果物は脳卒中や心疾患のリスクを
減少させることが分かっています。

食塩や脂肪は控えめ
和食は健康食として注目されています。
難点は低タンパクと塩分が多いこと。
昔の日本人は高血圧、脳出血が多かったです。
食塩も摂取量は、一人1日平均約12gで、半分はしょうゆ、味噌、調味料から摂っています。
目標は10g以下です。薄味で、漬物、みそ汁に注意してください。
脂肪を減らすのは、穀類を増やし和食の食材を中心にすること。
かつおだしの利用により脂肪を減らす工夫をしてください。

適正体重を知り、日々の活動にあった食事量
人は永い間、食糧のすくない時代を生き抜いてきました。
食べたエネルギーをできるだけ脂肪として体に蓄積することが、
生き延びるのに有利と考え、食糧の乏しいときには、
生存に有利に働いた倹約遺伝子が、食糧が豊富になり
運動不足になりがちな現代は、逆に肥満や糖尿病を引き起こします。

食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も

調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく
日本には世界中から、いろいろな食物が集まってきます。
日本食は、食の欧米化に歯止めをかけると同時に食糧自給率を上げることになります。

自分の食生活を見直す
食生活を見直し、これからの食生活を考えることが大切です。
何をどのように食べるのかは自己責任の時代です。

医食同源

病気を治すのも、食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、本質は同じという意味です。

考えなければいけないことが、心の健康です。病は気からといいます。

心と体が、密接に関連し合っていることは、
古くから知られ、改めて心の問題が大きくクローズアップされています。

病・煩悶・貧乏

肉体が生きているのは、3条件

新陳代謝作用で、息をすること、栄養を吸収すること、老廃物を排泄することの3条件。

肉や魚を食べたら、野菜もほぼ同じ量だけ摂るべることがバランスです。

腹いっぱいに、食べるのもいただけません。

なんでも食べよ、腹八分目ということで、医学的に証明されています。

タンパク質の摂り過ぎ

たんぱく質不足よりも、もっと悪い結果を招きます。

たんぱくは、消化に時間と手間がかかります。

一度に、多量に摂ると停滞し、腸の中に長く停滞すると、分解(腐敗)が起こります。

老化や体に害のあるものになります。

体に良いたんぱく質は、穀物などの植物性たんぱく質です。

繊維やビタミンが豊富に含まれ、腸の働きをうながし、有毒物が停滞しません。

肥満は成人病の問屋といいます。

軽い運動は、心臓によいばかりでなく、ホルモンの分泌もよくなるのでプラスになります。

薄毛、ハゲ、脱毛症が進行している頭皮は。80%以上何らかの異常が見られます。

老化した腸の中

悪玉菌は、どんどん食べ物を腐敗させて腐らせていきます。

その腐った食べ物から発生した毒素は、栄養吸収と同じルートで、
血液の中に入り、全身に駆け巡っていきます。

毒素は、直接赤血球を攻撃し、カチカチに固めて、ベトベト・イガイガ状態にします。

このような赤血球は、新鮮な酸素や栄養を毛細血管から体の隅々まで運ぶことはできません。

健康な赤血球は、マシュマロのようにとても軟らかいのが特徴です。

血液もスムーズで自由に形を変えて、体の隅々まで流れることができます。

腸内毒素の攻撃で、カチカチ状態の赤血球は、血管の中で滞り、血流を悪くします。

スポンサードリンク



育毛剤で薄毛、ハゲを改善←前に戻る
血の粘りで薄毛、ハゲ、脱毛症を進行→次のページ