悪性腫瘍を食い止める12ヵ条

悪性腫瘍食い止めのための食習慣

日本では国立がんセンターが発表。

がんを防ぐための12ヵ条(国立がんセンター)が有名です。

バランスのとれた栄養をとる
いろどり豊な食卓

毎日、変化のある食生活を
ワンパターンではありませんか?

食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
おいしい物を適量に

お酒はほどほどに
健康的に楽しみましょう

たばこは吸わないように
特に、新たに吸いはじめない

食べ物からビタミンと繊維質のものを多く摂る
緑黄野菜をたっぷりと

塩辛いものは少なめ、熱いものは冷まして
胃や食道をいたわって

焦げた部分はさける
突然変異を引きおこします

かびの生えたものに注意
食べる前にチェック

日光に当たり過ぎない
太陽はいたずらもの

適度にスポーツをする
いい汗を流しましょう

体を清潔に
さわやかな気分で

これを食べるとがんにならないとか、
あれを食べるとがんが治るといったようなものではありません。

きちんとした根拠のある大切な提言です。

日本では、昔から胃がんが多いです。

塩漬けや干物など、食べ物の保存方法によるところが大きかったのです。

塩はがんを促進する

干物は、たんぱく質が変性し、遺伝子を傷つける可能性があります。

焦げたものを、控えるようにすのも同じで、
わらびやぜんまいには発がん物質があるといわれます。

一度や二度食べたくらいで、すぐにがんにつながるものではありません。

一方では、がんを防ぐ働きをする成分もあります。

ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなど。

これらのビタミンは、抗酸化作用を持っています。

新鮮な野菜や果物、あまり精製されていない、穀類などを摂るとよいことになります。

毎日、同じものばかり食べないで、まんべんなく、色々な種類の食品を食べることが大切です。

外食が多い人

毎日、同じ好きな食べ物ばかりを食べていませんか。

体のためにも、さまざまな食材を食べてください。

脂肪の過剰摂取は、肥満や糖尿病などの生活習慣病の大きな誘因となります。

大腸がんや乳がんとも関連があると考えられています。

アルコールとたばこの併用

喉頭がん、咽頭がん、食道がんが増えるといわれます。

ストレスもがんにとって、重要な問題。

がんに限らず、健康にとって切り離して考えることができない問題です。

ストレス状況は、免疫力が低下

1個のがん細胞が発生すると、ナチュラルキラー(NK)細胞が、がん細胞を破壊します。

免疫力が低下すると、がん細胞が排除されずに増えていきます。

適度のスポーツが、がん予防に挙げられているのは、
身体活動がストレスを和らげ免疫力を保つのに有効だからです。

自然治癒力

自然治癒力とは

自分の力で病を癒し、治す自然の力です。

膝にすり傷を作り、血が出てきても、放って置くといつの間にか 元通りに治っています。

風邪を引いても、睡眠をしっかり取って、栄養を十分に補給していれば、自然に治っています。

自然治癒力とは、失われたバランス、調和、
平衡を取り戻そうとする体に、本来備わっている働きです。

病気になるのは、日常生活の中、不自然な点があるから起こると考えましょう。

病は、不自然になったことの警鐘です。

生命力には、病を癒し、バランスを回復しようする、内なる治癒力があります。

自然治癒力を生み出す

自然治癒力は、治癒には場、というものが関わり、治癒力の発現にはきっかけがあります。

それが大きな治癒へとつながることがあります。

自然治癒力を生かすためには、人間の生命に共通して、基本的な条件や鍵があります。

生命そのものを生き生きとさせ、心身を養い、保つことにつながります。

呼吸 正しい呼吸法
 心の安定
食事 バランスの良い食事
運動 適度な運動

4つは、生命活動の基本的条件です。自然治癒力を高める基本の条件です。

この4つの条件は、
互いの密接な相互関係と相互作用を持ち、わたし達の生命活動を支え、変化させます。

どのような条件をきっかけとしようとも、その変化が響き合って、生命の治癒力が作動します。

自然治癒力を支える3本の柱

自律神経
呼吸や心の状態、適度な運動が、自律神経系の働きを大きく左右します。

ホルモン
ホルモンは、内分泌腺器官として、脳下垂体、松果体、甲状腺、胸腺、
膵臓、副腎、精巣、卵巣などが挙げられます。
生体のバランスを調節する働きをします。

免疫
心の状態がゆったりしてリラックスすると、脳の中の前頭葉や間脳の働きが良くなります。
胸腺の働きも良くし、がん細胞と戦う細胞が増えます。

血液は、各器官に新鮮な酸素と十分な栄養を運でくれます。

血液が届かなくなると、神経の中枢、脳の細胞は壊死します。

血液中に、ホルモンを分泌させるさまざまな、内分泌系の器官も働けません。

血液は、免疫系が大いに働く、場です。血液の質をよくするには、食です。

怒ったり、悲しんだりすると、血液は粘っこくなり、流れにくくなります。

感情でも、血液の質は左右されます。

スポンサードリンク



動物性脂肪の過剰摂取は短命←前に戻る
日本人の4人に1人は高血圧→次のページ