育毛百科プライバシー保護

育毛百科プライバシーの基本原則

商品の使い方や量により効果は大きく違ってきます

また薄毛の進行を車にたとえると、進行が早いほどブレーキ(育毛手当)をかけても車は進行します。これは育毛も同じでです。

今までの悪い環境(頭皮や毛穴の内部)を整える段階。
弱っている頭皮を回復させる段階。

それからやっと育毛の段階になります。
毛は、生えるときの環境により寿命が決まります。

育毛環境が悪いときには生えた毛は、手当をしても寿命はのびない。
しかし、途中で抜ける広汎性脱毛の抜け毛は改善できます。

カラーやパーマをきっかけに

男性型脱毛症が発症したり進行するケースも多く、家系的にも男性型脱毛症の要因がある男性は、カラーやパーマはするべきではありません。

男性型脱毛症の毛や頭皮は老化しやすく、カラーやパーマが弱った頭皮をもっと弱らせるからです。

男性型脱毛症は強い因子なので、これに対応する手当をすることがたいせつです。

手当をしても抜けていく毛はあります

これはすでに寿命が来た毛で、手当をすれば寿命がのびるということはありません。

この毛が抜けた後、約4ヶ月ほどして新しい毛が生えてくるが、育毛はその毛の育毛環境をよくして、以前より太く寿命の長い毛に育てるのが役目です。

毛穴の内部が角化していたり剥離しやすい状態(体質もある)だと、手当をしても抜け毛は1~3ヶ月くらいは続くことがあります。(アレルギー体質に多い)

育毛剤は症状や進行度、体質により使い方は違ってきます。

<<TOPに戻る