お金がバッチリ貯金できる方法

投稿日: カテゴリー: お金の貯め方・増やし方

お金がバッチリ貯金できる方法

あなたの聞いたことがないお金の貯め方、新常識的な考え方

お金は「入る」「貯める」「出る」の3つを単純にするということがキーポイント。

給料袋より、お金を下ろすことは月1回限定。引き落とし分とやり繰り分をネットバンクに移してしまったら、口座に残っているお金に手をつけずそのままに残りが貯まっていく仕組み。

●銀行に行かなくてもPCでポチッで何もかも終了
ネットバンクならばあえて銀行に行かなくても、ATMでお金を出し入れしたいと思いても、自宅に居ながらも口座間でお金のやり取りが難しくありません。
入出金の履歴もPC画面でご覧いただけます。銀行の中には、戻って見ることが出来る期間に上限があるかも知れません。

●お金の出し入れがチョー楽チン!「定額自動入金サービス」とは何でしょう?
少数のネットバンクでやっているサービスで、他行の口座から銀行指定の毎月指定日に、決まった額を指定の口座に入金可能となります。
手数料は費用なし。初めに金額を指定しておくことで、その後は自動的にお金が移動します。こういう情報は、2017年3月現在のものです。

●やり繰り費を7万円に固定になって、残高に的を絞って意識する
やり繰り費を7万円に固定していけば、ひと月に応じ給料が差が出ても、家計は乱れません。ひと月中ごろに調べて、半分残っているのを判断基準に。ざっくり把握する。

●支払いはカードが中心!使ったら支払い用袋へ移し入れ替えるぐらい
スーパーマーケットによる食料品や日用品といった買い物もクレジットカード払いが基本。消費した金額をやり繰り費から取って、「カード払い分」のポーチに引越し。
月1回のATM利用日に口座へ入金していきましょう。

●貯蓄額は細かく分類すると崩さない
1月から12月への年間の特別出費をリスト化。先取り貯蓄からひとつひとつ振り分けて積み立てるのです。税金や保険料の支払い月が来たとしてもお金を持ってなくてドタバタすることが起きないでしょう。

お金に触れる局面を少なくするだけのことで貯まる

ネットバンクを活用してPC上でお金を移し替えて、ショッピングはクレジットカード支払い。

原則的にはお金に触れる局面はほぼほぼ無し。それこそがお金が貯まる極意なのだろうか!?

なにより給料が入ったら、毎月1回決められた額をネットバンクの口座に自動入金。毎日のやり繰りや住宅ローンといった引き落としはこっちのネットバンクの口座から。

給与口座に残っているお金は手をつけずに貯めていくというわけです。ですのでお金を下ろすのは1ヵ月1回限定。

やり繰りをこういった分かりやすい仕組みに改善すれば、びっくりすることにお金がジャンジャン貯まりだしたというわけ。

スポンサードリンク


貯まるシステムⅡ

お買物ルールを決断した「持ちすぎないぐらい」を徹底的に行っていく。

余分に手を出さない、すぐ購入しない、買い物に時間をかけないといった、お買物ルールを決めているのです。物を持ちすぎありませんから、毎日の暮らしもやり繰りもすっきり&シンプルに。

●「欲しい」と考えたら例外なく半年以上、保留して自分自身の本気度を把握
欲しいものを見つけ出したら、「いったん、物欲を休ませる!」。ネットストアならば、「お気に入り」に保存しているのです。半年経過してもいまだに欲しかったら購入してもOK、がルールです。

●余分のストック品はムダなため管理する場所も時間も大きくカット
日用品は無くなりそうになると買ってくるというのがルール。店先で安い値段に釣られて購入することがなくて、やり繰り費も乱れません。洗面台下もがら~ん。

●お買物はその他の用事と合わせてお出掛け、時短を心がければ不要な物を買わずに済むのです
お買物中心となり足を運ぶと、ついつい時間を費やしてしまうから、”ついで”がルールです。お店での滞在時間を短ければ、買い物の誘惑も最低限度に押えることができるのです。

●買い物に悩んだらご主人に相談。「正真正銘必要か」を夫婦で話し合いをする習慣に
あなただけの”欲しい”ではなくて、夫婦で同意した物を買うと、満足度の大きな買い物がもたらされます。むやみやたらと物の数が増えることも防止することができるのです。

このところ、ウェブログやインスタグラムでやり繰りすることになった事情をアップする人が次から次に登場。

読むだけであっても役に立ちますし、知らず知らずに自分だってがんばりたくなるはずですね。

貯まるシステムⅢ

「お楽しみ」や「心の潤い」も大切に考えることによって、1年365日貯蓄キープ。

お金は活用してはじめて役割を担います。計画を立てて貯めて、賢明に活用することにより、毎日のやり繰りがストレスフリーで継続します。

●レクリエーションは年間スケジュールで、予算分を貯めて置けばパーッと活用しても家計は安定
例年お正月休み中に、夫婦でその年のレクリエーション計画を立てます。ひとつひとつの予算をざっくりと算出して、月ごとに積み立て貯蓄。お楽しみのため貯めたお金ですから、使うときは気がねなく思う存分に使えるんです。

●ペットも大事な家族。医療費を備えることによって何があったとしても守ってやれる
疾病や負傷のことを考慮して、賞与から年10万円を準備している他、老いたワンちゃん一匹は「ペット医療保険」にだって加入。保険料は毎月の特別費積み立てで準備する。

●心に響き渡った言葉は忘れることなくメモして、やり繰りに苦しんだタイミングに読み返す
お金に関係したことだけではなく、子育ての知恵や毎日の暮らしのヒントというものをノートにメモ。書くやり方で心がまとまり、読み返すことによって気持ちが引き締まったり、新しい発見をしたり、やり繰りにも素晴らしい刺激となっています。

貯まるシステムⅣ

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を効果的に活用してモチベーションアップ!インスタで自分のやり繰りを話題にする。

フォロワーからのツイートが励みとなっています。くじけてしまいそうとなった時には支えになったのです。

●やり繰りをSNSにアップすることによって無駄買いを管理
今のやり繰りシステムにいく付くまでのプロセス、貯蓄計画、家計簿というものをアップする。「フォロワーのみなさんがチェックしていると考えれば、気が引き締まります」と無駄買いのセーブ効果にもなっていくのです。

無駄遣いが発生する原因は、100%「脳のクセ」にあるのです

無駄遣いやってしまうのは「性格」のためですと思っているのではないでしょうか?

本当のことを言うと、性格ではなくて「脳」が影響を及ぼしています。すなわち、脳の仕組みを認識できればお金は貯められます。最新の脳科学の視点によって無駄遣いを防ぐことを目指す方法とは?

買い物の後に悔しい思いをするのは「脳のクセ」を見抜いていないためです。

節約に注意しているというのに、無駄遣いが減ることがないのは、人間の脳にそもそも無駄遣いしがちなクセがあることが原因です。

脳にはできることならエネルギーを使用しないでスムーズに物事を決断しようというクセがありるのです。そのうえで、物の売り手サイドであればそのような脳のクセを活用して、”買わせる”ことを狙ったかなりの罠を仕掛けてくるでしょう。

そんなんで、脳は無意識のうちに”買う”ように指令を出してしまいます。

その結果、自分がどういった罠に弱いのでしょうか=脳のクセを知ることによって、無駄遣いは防止できるのであります。

脳のクセは結果として入れ替えられる、さっそくあなたの脳がどういったクセがあるのかを確かめましょう!

「一番人気となっています」信者

さほど興味なくても「ランキング1位」「クチコミ評価No.1」と言われると、一瞬のうちに欲しくなる。注目されやすい特徴が影響を及ぼして”いい商品”だと感じ取る。「ハロー効果」の餌食に。
「他人の高評価=いい商品」とは固定観念です。自分自身にとって魅力的なのだろうか、一度引いた視点でジックリ吟味する。1番人気となっています。

無料より格安のものはあるわけない女子

「3つ購入すると1つ無料」「5000円以上送料無料」と聞いて、特別必要がないものでも買ってしまいがち。「無料」といった一見するとお得な言葉が、脳の正常な判断を鈍らせています。
無料の物には、無料となるほどの理由があるのです。「送料」を払っても欲しい物でなかったら買うことは必要ありません。20個買うと1個無料にわくわく感!

割引き値引きハンター

いつもは高額と感じている額だって、値引き後の額であればお得と誤った認識。その上割引率が大きいと安く思いこんでしまう。こういうのって、脳が「真っ先に目に入った数字で価値を判断する」クセがあるからです。
割引率にダマされてはなりません。値引き以前の価格だとしても買うくらい欲しい物だったろうか、商品そのものにそれに見合った値打ちがあるかを見極めること。9800円が5800円に!

断れない YES-WOMAN

ランチタイムやショッピングの誘いを断れずに、知らず知らずに浪費を。脳は親しいの行動から簡単に影響されるので、お金を人一倍使う人に伴って行動すると、支出額の基準も上がってしまうことになるのです。
お金を人一倍使う人については「節約中なの」と宣言をおこなう。お金のかかりっぽいつき合いは断るということも大切です。何を隠そう行きたくないけどさあ!

止めたら惜しい ダラダラ女子

習い事やコレクションだったり、今となっては止めたいにもかかわらず「ここで止めたら惜しい」と、だらだらとお金を払い続けていく傾向が強い。積み重ねた投資を無駄であったと考えたくない「コンコルド効果」に影響される脳の錯覚です。
「こういうのって無駄かも?」と考えたときが止め時なのです。続ければ続けていくほど出費は目立つようになり、損の上塗りというものです。

ポイントカードの下僕

「ポイントカードが間もなくいっぱいに貯まる!」そういったときの脳は”達成感”を願って無我夢中に。手早く貯めるために判断が鈍くなって、さほど必要でもない買い物をする事で無駄な出費が増える結果に。
ポイントカードはゴールに接近してきた時こそ注意が必要。「これってポイントお目当て?マジに絶対必要な買い物?」と自問自答をしてください。あと1個で100円引き。

限定品中毒女子

「期間限定」「限定品」であったり、制限されるとより欲しくなるということは、「これを逃したらこの先入手不可能かも」と、いい加減に判断する「心理的リアクタンス」という脳のクセが原因です。
「限定品」「最後の1つ」「閉店セール」ようなことは、買いたい気持ちがあおられるための売り手サイドの企み。ひっかけられてはいけません。こちらのバッグ限定モデルなのですか!

「買わなきゃ悪い」お人よし子

脳には、手に取るように商品に触れてみると自動的に愛着が発生する「愛着変化効果」が組み込まれています。買う気はなかったというのに、試着や試食をしてみたら欲しくなってしまうのは脳のせい。
買うつもりのほぼない商品は、触れない・試さない。スタッフさんの丁寧なサービスに「申し訳ありません」と感じることは必要ない。

少々の金額支払いに鈍感 ちり積も娘

コンビニエンスストアで100円ごとのスウィーツをたびたび買い込んだり、「月○円の分割支払い」の買い物ならば大したことない。だけど、後になって合計金額を分かって、「こんなにも割高と思わなかった!」と自責の念を。
ちりも積もれば山となる。1回ぐらいの単価で安いか高いかを判断しないで「合計金額でどれほどであるのか」を計算に入れるべきです。分割で月ごとに1000円くらいなら、いっか!

安物買いの銭失い系乙女

バーゲンセール品が劣悪品だったとき、「低価格だったしどうしようもないね」と納得しぎみ、失敗をまるで予期していたかのごとく思い描いて、あなた自身のダメージを少なくしようとするのも脳のクセです。
「やっぱり」でお終いにしないで、「どんなわけで失敗したのだろうか?」「どこが悪かったんだろうか?」と間違いなく反省し、次なる買い物に役立てましょう。バーゲンセールで買ったから納得するしかないよね。

無駄遣い女子も変われます

「どのようにして生きるべきか」を強力に頭を使えば”脳”はそそのかされません。

価値のある買い物かそうでないのかの判断は、表示価格や世間の評価でなくて、”自分の人生がプラスとなるストーリーが描きだせるか”が大切です。

脳のこういったクセが確保すば、買い物における失敗や苦い思いがなくなって、賢くお金と付き合えます。

●サラリーが下がった場合は重要な点が何かが見えるようになるチャンスです
使うことができるお金が少なくなってきた時はじめて使い道を見直すチャンスにすることで、あなたと家族の現時点と将来において意識すべきは何か?
お金を使うべき状況に優先順位が見る機会があります。

●サラリーが下がってはじめにすることとは
「「早く寝て早く起きる」」。収入減はガッカリですが、パニクらないことが重要な。肩の力を抜くには、早く寝て早く起きるで生活のリズムを整えるべきです。「スッキリとした気分で朝を迎えると”出口がないトンネルはない”って感じられますね」。

●500円玉貯金のみでも、1年で8万円貯まります
貯蓄は日々の生活にとどまらず、心もバックアップすると実感。長い人生、収入ダウンであったり家族の病気だったり、ピンチはつき物。けれども貯蓄があるのなら、生活費が助けられるばかりか、心配している気持ちがかなり落ち着きます。家族が夢にチャレンジしてみたいと言い出した場合も、気楽に後押しできるのです。

●給料がダウンしても夫のお小遣いは下げない
お小遣いをカットすると、ご主人が給料が減ったということを痛感し、遠回しに責める結果にも。こういう時はじめて、やり繰り力を発揮して飛び越えるのが妻の真骨頂です。小遣いを減らさないほうが夫の働きに出る意欲にだってダイレクトに影響します。

●深く考えることなしに100万円ではなくて、「どのようにして、一体いくら貯めるか」を満足のいくまで明らかにしておく
我が家の家計で1年に一体いくら貯めることができるのだろうか?詳細に考えます。「1年間で100万円貯まるといいのになあ」ではなくて、なにから、一体いくら捻出できるかを突き詰めることが、目標額を達成向けての近道となる。

●月の収入を下げたこの時点でのピンチより進学時や老後に貧乏しているピンチのほうが大きくなると気づいた
月収が下がってもずっとこの状態だとというものではないはず。今を乗り越えれば、そう遠くない時期回復します。あとあと、確実に必要なときにお金がないことのほうがピンチですから、月収が低い月にだって先取り貯蓄6万円は維持。

「食べること」に力を結集したら暮らしは心を豊かにいたします

また貯める目標を明確化させることによって、無駄遣いの誘惑をはねつけます。食卓が豊かじゃなければどれほどお金があったとしても心は貧しい。

食生活がわびしいと、体も心も元気が見られません。ぜいたくな食材を用いなくても、手の込んだ料理を作らなくても、”普通のご飯”だからこそ本当の豊かさが見られます。

食費節約は中止して「うちご飯」を満喫したらかえってお金が貯まった!

食費節約にキリキリしてた頃は、1ヶ月間の献立を決めるのです。ところが急な用事で献立が狂ってしまったり、食材ロスが生じてストレスにまで。

今は、旬の食材をお買い得で取り入れられるよう3日分の献立を決めて、もうちょびっと自由気ままな気持ちで、食卓を盛り上げつつも楽しく作るということを重視。

●1日に限っては「豆腐がメイン」のおかずならば食費がDOWNした
かつては1週間に3日、メインおかずを肉にしていたのですが、1日厚揚げや豆腐といった大豆食品に置き換え。豆腐好きの子供が楽しげに完食してくれたので、大豆たんぱく質で栄養バランスも完ぺきに。そのうえ食費も減って有難いことだらけです。

●前の日のサブおかずを出してOKのラクルールで一汁三菜
副菜を少し多く作り、次の日ミニ副菜として使ってもいいと思います。2日だけだと連続で出しても飽きがこないし、常備菜を作り置きしておくより手間なしです。無理してがんばらなくても、一汁三菜の献立が日常的に、パパッと作られます。

●買い物を3日に一度に替えたら旬の野菜が安く手に入れることができます
1週間分の大量買いを中止して、2日置きペースに。旬の安い野菜や当日の安売り品が買えて、苦労することなく食費がダウンに。傷む直前に食べ切れることで冷凍する手間がなくなり、新鮮な状態で余すところなく美味しく食べ切られる。

●朝ごはんの「質」を少し上げるだけのことで心満たされる効果はでかい
何てことのないトーストから、ピザトーストにコーヒー専門店のレギュラーコーヒーを追加する。「コーヒーの香りが全く違う!」モーニングにほんのちょっと手間をかけるだけのことで、朝から期待したよりもっとルンルン気分に。

●物を片付けられない時期は「物も自分自身も大切にしていない」状況に気づくチャンス
これまでだとすぐ飽きて処分したい物に囲まれて暮らしていたことも。あなたが本当に欲しい物や大切な物に向き合うと決心したら、無駄遣いが大変身。

・片付ければ「使わないままの物」がウンザリするから無駄買いも半減する
一度、物を整理し不要品を処分すると、そのあと買う時に慎重になっていくのです。
「物を処分するのって体力も気力もいるので、中途半端な物は買わなくなっていくのです」。
室内が整えられると無駄買いが減少し、お金の管理も整備されます。

・「必要な物の量」を考えるとあなたの好きな物が明らかになります
キッチンツールは本当に使う物しかもたないで、引き出しはスカスカに。
洋服は大好きであっても、身につけない衣類をスッパリと処分を。
お気に入り物だけを入念に選ぶ。靴もオールシーズンに合わせ減らすやり方。

・やり繰りが辛い場合は、より簡単な方法が出てくるチャンス
月収が減ってやり繰りが苦しくなってしまうと、最低でもやり繰りのやり方を簡単にして乗り切りましょう。
シンプルな方法なればこそ、ストレスフリーで続けられるのです。

・辛いときほど本を読めば何かしらが見つけられる
本を読むことによって視野が広がって、柔軟な考え方ができるように。
やり繰りに息詰まっているにもかかわらず、今の方法にこだわる必要はないです。
「このようなやり方があったのか」とやり繰りを見直す第一歩としても。

・朝5分の紅茶タイムで1日のパターンを確かめるとやり繰りも楽に
早起きした分、朝はゆっくり。今日の予定を確かめて、買い物に出かける時間や買うものを考えてみる。
のんびりと1日をスタートさせると気持ちが落ち着きを取り戻して、衝動買いや無駄買いをやってやり繰りを乱しません。

・「手帳兼家計簿」にしたら”気合不要”の楽管理に変化します
家計簿を中止して、手帳に店名と金額を書くくらいなので。
スケジュールを確認するオマケとして出先によるわずかな待ち時間にサッと書き込み。
毎週集計して、残りの金額を調べれば予算オーバーも防ぐことができます。

・料理が苦手だけども定番おかずはじっくりと書いてマスターする
レシピを雑誌などからスクラップするのではなくて、書き写して調理法を覚える。
素早く手が届く冷蔵庫の横に保管し、繰り返し作ることによって、あなたのレパートリーもごく自然に広まります。

スポンサードリンク