目の老化を防ぐ生活習慣 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

目の老化現象をストップさせる毎日の暮らし

目の老化は加齢とともに血行不良・自律神経のアンバランスなど、
身体全体の老化と関係が深いと言われています。

そこで目の老化を防ぐ生活習慣やマッサージなど日常で簡単に出来る予防法を
ご紹介いたします。

生活習慣の改善

[check]バランスの良い食事
目の老化防止には、偏食をしない、緑黄色野菜・豆類・海藻類なども
加えてバランスの取れた食生活を送ることが大切です。

冷たい飲み物や食べ物は胃腸の働きを弱めますので、なるべく体を冷やさない、
体を温める食材を食べるように心がけましょう。

[check]ストレスを溜めずに解消する
目の働きは自律神経の影響を受けやすいと言われています。
交感神経と副交感神経のバランスを保つために、過度なストレスを溜めないように!

[check]十分な睡眠を取りましょう
脳が疲れると目の働きが鈍ります。脳の疲れを取るためには十分な睡眠が不可欠です。
夜更かしは避け、午前0時前には寝るように心がける!

簡単に出来る目のリフレッシュ

[check]目のストレッチ
縫い物や読書など手元を見つめる作業を続けると、目のピント合わせをする
筋肉(毛様体筋)の緊張が続くため目が疲労してしまいます。

そこで、1時間に1回の割合で5m以上離れた物や場所をぼんやり見ることで
毛様体筋がリラックスし、ストレッチ効果になります。
手元作業をしていないときも1日数回行うといいでしょう!

[check]疲れ目マッサージ
ツボの刺激によって目の疲れを改善、ツボを「もむ・押す・なでる」回数は
いずれも10回程度、使う指は人差し指です。

1.親指を耳たぶの下に当て、人差し指で眉毛の根元(攅竹:さんちく)をもみます。
2.目頭(清明:せいめい)を上下に押します。
3.耳元(太陽:たいよう)を押します。
4.頬骨のあたり(四白:しはく)を押します。
5.眉間(印堂:いんどう)を押します。
6.眉毛の内側から外側へマッサージするようになでます。
7.最後に、手の甲側の親指と人差し指の付け根(合谷:ごうこく)を押します。

ツボの位置は顔・手もとに左右対称にあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。