背骨の歪みを作る悪い姿勢 荷物を持つときにどちらの腕で持ちますか – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 悪い姿勢と良い姿勢

背骨の歪みを決定する悪い姿勢 荷物を持っているときにどの腕で運びますか

重い荷物を持つと分かりますが、片方の腕でもつと、荷物を持った腕の側に骨盤が
よる傾向があります。

こうした姿勢を長年続けていると、筋肉が引っ張ることで骨盤や背骨を歪めてしまいます。
これは、脳が体が倒れないようにプログラムされ指令を出すためで、そうした歪みは
寝ているときに寝返りを打つことで回復するようになっていますが、
何らかの事情で寝返りで回復できないくらいクセが習慣化しています。

さらに、肩の筋肉の付き方も左右で違ってきます。
それまで常に同じ側で持っていた人は、しばらくの間反対側で持つようにしましょう!

そして反対側の腕で持つことに慣れてきたら、その後から左右交互に持つことが
骨番屋背骨の歪みを作らないクセを改善します。

日本体操競技のエースである内村航平さんは、5連覇で金メダルを獲得しましたが、
小学生の頃から正しい筋肉の使い方を考えながら毎日体操のトレーニングをして、
美しい姿勢を保つ演技が完成されています。

筋肉は実用的に使えるように、ダンベルやバーベルを使わないで、自分の体を
支える運動を行い筋肉を作っていたそうです。

そのため、筋肉を自分の理想の通りに使うことができ、美しい形を完成させます。

荷物を肩にかけるときに、どのように肩にかけるか

[check]どちらかの肩にかける
[check]斜め(たすき)にかける
[check]リュックを両肩にかける
[check]肩には荷物をかけない

片側の肩に荷物をかけると荷物をかけた側の肩が上がりますが、肩にかけた荷物が
ずり落ちないようにするためです。

このように長年同じ側の肩に荷物をかけていると、そちら側の肩が上がったままになります。
そう感じた方は、意識して逆の肩に荷物をかけてみて下さい。
はじめは違和感がありますが、慣れてきたらこれからは左右交互にかけるようにしましょう。

普段荷物をかけている肩とは反対側の肩が上がっている場合、荷物を変えていないときに、
余程左右のバランスが崩れている姿勢のクセを取っています。

このような場合は、荷物をかける側を変えると、さらにそちらの肩が上がってしまい、
普段の意識が大切になります。
肩の左右の高さを水平に保つ意識を持ちましょう。

斜め(たすき)にかける場合も常に同じ側はさけること。
不便さや違和感があっても交互にかけましょう。

リュックですが、片側にかけないファッション的な要素があるのでしょうか。
折角なので両肩にかけストラップをしっかり締めて使うようにしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。