頭の重さは体重の80%と言われています – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 悪い姿勢と良い姿勢

頭の重量はウェイトの80%になるのです

体重50kgの人で4kgになります。
4kgの重さは、2リットルのペットボトルを2本、1日中持ち歩くと体感できます!

この重い頭が、座っていても立っていても、背骨の一番上に乗っています。
この頭の重さを実感するためボウリングのボールを手に持ち空中で支える
(腕を伸ばしボールを持つ姿勢)。

どうでしょう、腕の筋肉は負担をかけられ、硬くなります。
これと同様のことが、首や肩で起こることで、首や肩がこったりします。

このような状況下で、こりに効くと言われる塗り薬や湿布薬、
ネックレス(血行をよくする)を使うことで症状が軽くなったり、改善は可能でしょうか。

もしこれらの物で軽く感じるようなことがあったとしても、
何ら根本的な改善(解決)には成っていません。
根本的な解決という観点から考えるなら、いかに見当違いなことを行っている人が
多いかということに成ります。

頭の重さを「骨」で支えることで、筋肉を負荷から解放させることなのです。
この仕組み(メカニズム)はだるま落としで説明をしたいと思います。

頭が積み木の真上に乗っています。
この状態であれば、頭の重さを支えるのに補助は必要ありません。
背骨の1つ1つは、積み木の1つ1つにあたり、人間の背骨は腰から首まで24個の
背骨が積み重なって出来ています。

頭が積み木の真上にない状態だと、補助がないと頭は落下します。
人間の体ですとそれを「筋肉」が支えます。
筋肉が骨で支えられない部分を補っている(補助してくれる)ので、この間
筋肉は緊張し続け、頭の重さを支え続けなければなりません。

ところが、姿勢が悪いのに「肩がこらない」という人は、肩こりの自覚がないのでしょうか
筋肉の質かもきっと柔らかい、筋肉が強いということが挙げられます。

筋肉が「こりにくい」という人がいます。
一般的に筋肉が弱い女性に「肩こり」を感じる方が多いのも事実です。
だからといって、筋肉を鍛えればいいということではありません!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。