運動をよくすると血行が良い状態を維持してこりにくい – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 悪い姿勢と良い姿勢

運動を良くすると血行が望ましい環境をキープしてこりづらい

運動選手や頻繁に肩や首を動かしている人たちは、
筋肉の線維を頻繁に伸ばしたり縮めさせることで、血行の良い状態が維持できています!

でもやはり姿勢が悪いと、運動を止めた途端にこってしまう人も珍しくなく、
結局のところ負荷が減るわけでもないので、やはり姿勢をよくしないと肩こりの
根本的解決にはなりません。

そして、これが最も多いと思われるのですが、単に「鈍感」ということでしょうか。
一般的に鈍感な指先や舌に比べ、背中側の知覚神経は鈍感に出来ています。

次に、姿勢が良いのに「肩がこる」という人がいます。
いくつかの理由が考えられますが、本当に姿勢が良いにもかかわらず肩がこるというタイプ。

このような人は、姿勢は確かに良いかもしれないですが、首や肩を動かす頻度が不足している
ため、血行が悪くなりがちで、その結果こってしまうというケースです。
やはり、いくら姿勢がよくても動かす頻度が少なすぎてはこってしまうものです。

次に、精神的に緊張しやすい人も、こりやすいタイプです。
これは緊張すると交感神経が強く働き、筋肉が硬くなるためです。

精神的に緊張してしまうことは避けられない場合もあります。
このことを自覚されたら、とにかく血行を悪くしないように、
普通の人より余計に運動をしたり姿勢をよくするように意識する必要があります。

そして、本人は良い姿勢のつもりが実際には違うということがあります。
立っている姿勢はスラッとしていて、誰の目にも姿勢が良いと見られているのですが、
座ったときにすっかり猫背になっているという方がいます。

これでは、いくら立っている時に、姿勢が良くても、
座っているときに肩こりが作られてしまいます。

こりは体の悲鳴なので、何が悲鳴を上げているのかを考える必要はあります!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。