実践継続で姿勢を改善するためのストレッチ方法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 悪い姿勢と良い姿勢

実行継続化で姿勢を良くすることを狙ったストレッチ体操方法

姿勢は良くなりますが、最初にお断りしておきたいと思います。
痛みや不快感が増す場合は、絶対にムリにやらないことです。

実行し継続することで姿勢は改善できます!
年齢やその他の理由で「改善」が見られなかったとしても今、以上の悪化させないぞ、
という気持ちで実行・継続していただきたいのです。

これから将来的に「姿勢の良い人」でいられるように実践しましょう!

猫背のストレッチ

この体操で猫背が改善して、姿勢がよくなることで、肩こりや首こり、
腕や手の痺れや痛みなどの障害も解消できた人もいるといいます。

無理をして逆に首や腰を痛めないよう注意して下さい。
背もたれのない椅子に腰掛けて、
1.手のひらが上を向くように指を体の後ろで組みます。
  ひじを真っ直ぐに伸ばし手のひらを上に向けます。

2.左右の肩甲骨を合わせる意識で、肩を限界まで後ろに引きます。
  ひじを伸ばし切り、組んだ指を遠くに引っ張るようにすると効果的です。

3.肩を引いたまま、後ろを見るつもりで頭を後ろに倒して行きます。
  頭を倒すときは、口をすぼめて息を細く吐き続けます。
  
  そのままの姿勢でゆっくり3つ数えてから頭を起こし、
  肩の力を抜きます。

猫背ストレッチをする時の悪い姿勢は、
肩の引きが不十分なこと、腰に力が入り反り過ぎていることです。

このストレッチで注意することは、

[check]頭を倒して首・背中・腕などに痛みが出たら一時中止して下さい。
[check]首を痛める恐れがあるので、必ず肩を十分に引いてから、頭を倒して下さい。
[check]腰が反らないように注意して、立ってやるときは特に反りやすいので注意!
[check]顔の面を天井と平行になるように倒し、硬くて倒せない方は、
  息を吐きながら出来る限りで良いです。
[check]頭を「カックン」と後ろに倒さないように、数を数えながらゆっくり倒します。
[check]後ろに倒した頭を戻すときに首か辛いときには、頭を起こす荷ではなく、
  上半身全体を前に倒すようにすると、首の筋肉を使うことなく頭を起こせます。
  上半身でお辞儀をするような感じの姿勢です。

ストレッチの後は背中を丸めることなく、深呼吸をして伸びた背骨をキープしましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。