デスクワーク・パソコンを使う時の姿勢 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 悪い姿勢と良い姿勢

座っての仕事・PCを活用する場合のスタンス

どうしても悪い姿勢になりがちなパソコンを使ったり、デスクワークをする時の姿勢。
椅子の高さですが、足の裏を床にしっかり着けて下さい。

そして、足首、ひざ、股関節が90度になり背骨がゆるやかなS字カーブを描くように
椅子の高さを調整します。

職場などで、机の高さに合わせると椅子の高さも上げなくてはいけない場合、
足元に台(潰れにくい箱)を置いて、その上に脚を乗せるようにし、
調整するといいです。

椅子が高くても、台を使ってその上に足を置くことで対処出来ます。
デスクワークをする時は、お尻を一番後ろまで引いて背もたれを使う方で
「背骨が緩やかなS字カーブ」の姿勢を維持出来ます。

次は、書き物をする際の高さ、パソコンを使う時のキーボードやマウスの位置です。
背筋を伸ばして座り、肩をリラックスさせて腕を体の横にだらんと垂らします。

この時、腕はぶら下がっているだけ(力を入れない状態=筋肉を使っていない状態)です。
その姿勢から肘だけを90度に曲げた所に、机やキーボード・マウスが来るようにします。
机が体から離れすぎるとこの姿勢が取れませんので、体を机に近づけて下さい。

キーボードを使ったり、字を書いたりを繰り返す人は、キーボードを置くスペースと
机として使うスペースが2段になっている机がいいです。

この位置でキーボードやマウスを操作することで、腕の重さを筋肉で支えずに済みます。
逆に、腕が体から離れれば離れるほど肩の筋肉で腕の重さを支えなくてはならなくなり、
結果肩や背中の筋肉が疲れる(こる)のです。

そして、腕を前方に伸ばすと背中も丸まりやすくなります。
背中が丸まると頭の重さまで筋肉で支えなくてはならなくなり、
首もこってきてしまうのです。

モニターの位置は、背筋を伸ばした状態で、画面の最上部が目の高さになるように!
市販のモニターをそのまま置くと、画面の目の高さよりずっと低いので、
下を向いて画面を見ることになります。

下を向くということは、背骨の上に頭が乗っていない状態ですので、
筋肉の補助が必要になります。

筋肉で頭の重さを支え続けるので、筋肉が疲労=こってきます。
モニターの下に台を置いて身長に合ったモニターの位置にして下さい。

キーボードやモニターの位置を変えると、初めは不自然さを感じるでしょうが、
慣れて体への負担も減らすことが出来ます。

ノートパソコンを使う人は、背中が丸まりやすいことを自覚し、
猫背ストレッチをこまめにやって、埋め合わせを十分にして下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。