1日1回の昼寝を – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

毎日1回の昼寝を

眠りはいくつもの生物リズムに従っていて、その重要なものは24時間周期のリズムです。
潮の満ち潮と同じで、睡眠と覚醒の交替は1日1度だけでなく、何度もあります。

昼寝は生まれつき必要とされていて、これを満たせば仕事の能力を高め、
集中力を高め、疲れを取り、神経の緊張やイライラを取り除くことが出来ます。
さらに、最近の眠りについての研究と生物学の研究によって、人間の生物リズムは弱まって
いますが、いまだに午後の中間の時点に、特に眠りに適した時間があることを判明しました。

作業効率の曲線が午後の初め、だいたい14時から16時の間にはっきりと低下します。
午後の初めに感じられる疲れは、一時昼食の消化と関係があると思われていました。

しかし、この疲労感は消化だけの制ではないことが分かりました。
それはむしろ、生まれつきの生物時計の制らしいい。
もし食べ物の消化と関係があるのなら、朝食や夕食の後にもこの現象が見られるだろうし、
昼食を抜いた人は起きないはずです。

ところがそうではないのです。
昼食を抜いた人もこの疲労感に襲われます。

理想の睡眠は、一度のまとめて取るものではなく、細切れの睡眠で一日を区切っていく
必要があると考えられています。先進国では、
生産性だとか仕事だとかを、理由に日昼寝をする習慣が失われてしまいましたが、

最適な睡眠とは単相的な、夜一度取る睡眠ではなく、複相的なもので、夜と日中の
小さな眠りあるいは休息によって取らなくてはならないと考える専門家は多いのです。

我々の生物リズムは、一日に少なくとも一度の昼寝(休息)を組み込まれていて、
もっと頻繁に実行することで、最良の生き方が出来るのです。
昼寝中の脳の回復は、脳波が緩やかになることに表われ、よく考えたり計算したりと
いった精神活動、それにストレスは脳波の周波数を増やすが、昼寝は反対に、
周波数は少なくします。

説明されなくても分かっていることを、科学も証明していることに、
夜の眠りや昼寝は、ストレスや疲労の及ぼす影響を癒すということ!

眠りに抗ストレスの働きがあることは、化学分析によっても実証されています。
ストレス状態にあるとき、身体はストレスホルモン、コルチゾルを分泌します。
睡眠前と睡眠中に血液を採集して調べると、眠っている間にコルチゾルの
濃度が低くなります。

脳の電気的活動の面でも、ホルモンの面でも、昼寝がストレスの悪影響を癒すだけでなく、
眠りに入ると体内ではたくさんのプロセスが始まります。

心臓の鼓動、血圧、エネルギー消化が減少する。体温が数度下がるなどです!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。