本能のみではもう生き残りを保障されない – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

極上の睡眠は本能の欲求に基づく睡眠

最高の睡眠は本能の欲求に従ったときの睡眠です。
本能のメカニズムが、不適切な使い方をすれば害を与えることにもなります。

人工照明の利用、コーヒーを飲む習慣、睡眠薬の乱用、こいういものが本能のメカニズム
を完全に狂わせる。

夜は、身体は回復の必要があるのに、人工照明のせいで眠くならなかったり、
テレビでやっているサスペンスドラマに夢中になったり、また昼寝をするべき時間に、
身体は休息しなくてはならないのに、コーヒーを飲んだせいで働き続けられたりする。

遺伝子が何百万年もの間、発達してきた環境(野生の状態)から
遠ざかってからというものは、本能だけではもう生き残りを保証されなくなってしまった。

人工的な生活習慣と自然から遠ざかったことで本能が正常に働かなくなり、
そのせいで健康が害されるということです。
ですので、睡眠に関しては、本能に従うだけでなく、その本能が働ける状態にするように
気をつけたほうがいい。

実際には、人工の証明を乱用しないこと、テレビを警戒し、コーヒーやお茶、たばこなど、
刺激物を取るには気をつけましょう。

そういうものは生物リズムを乱します。
こうした人工物を遠ざければ、睡眠の本能は以前のように休息のすぐれた調整役にもどる。
不自然な環境で、邪魔をしなければ今でも尊重が出来ていたはずです。

人間には本能があるが、人口的過ぎる環境によって妨げられているだけなのです。
無意識を発見したのはフロイトです。

それに、ほとんどの人には病理的な無意識の構造があることも明らかにしました。
それは神経症(ノイローゼ)と名付けました。
神経症で人間は不幸になり、あきらめ、異常な行動をし、ときには暴力的にもなります。

フロイトによれば、この神経症の原因は、実現不可能な性衝動を抑制することだといいます。
そうした衝動は子供のときに始まって、大人になっても続きます。

休息の必要があるのに興奮剤(コーヒー、たばこなど)の力を借りて働き続けるなどして
睡眠欲求を徹底的に抑圧すると終いには、フロイトの性本能の抑圧から来る神経症と同じ
種類の「睡眠神経症」が引き起こされるのです。

その結果、絶えず欲求不満を感じたり、睡眠障害が起きたりするほかに、かすかすの
精神障害や行動障害を引き起こし、その影響は想像以上に大きいです。

夜遅く寝たり、たくさんの刺激物をとったり、リラックスの仕方を知らない人間は、
疲れたときはリラックスして早く寝る、活動的で効率的な人間とは全く違った人間に
なってしまうのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。