眠りの欲求に従う生き方で幸せになれる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

眠りの欲求に従うライフスタイルでハッピーに生まれ変われる

眠いと思ったら、夜だろうと昼だろうと、寝るか、昼寝をする。
仕事その他の事情で時間が限られているのなら、数分でもいいのです。

睡眠の精神分析は、睡眠の欲求を抑圧してしまうような要素を遠ざける決心を
しなければ始まりません。
その要素とは、コーヒーや刺激物、人工の照明などです。

しかし、こうした要素を完全に無くすことは現実には難しい。
とくに、人工照明には不都合ばかりではなく、たくさんの利点もあります。

少なくとも、こうした要素が障害を引き起こしことを意識して、
意図的に制限するのもいいのです。
例えば、夜は決まった時間に電気を消すなど。

1.神経を興奮させるものを全てやめる
  コーヒー、お茶、たばこ、チョコレートなど
2.人工照明を全てやめる
  少なくとも夜の一定時間をすぎたら(10時過ぎたらなど)
  起きる時間は自由。都合のいい時間に目覚めたら起きる
3.眠りの欲求に従う
  眠いと感じたのなら、夜だとしても昼だとしても、眠るか、昼寝をやる

これの基になっているのは心理学と精神分析の基本です。
それほど専門的ではありません。ここは非常に重要な部分です。

関心を持っていること、どうやったら生き生きと幸せによりよく生きられるかという
問題の中心部分です。
睡眠の欲求を抑えつけ過ぎるのはよくありません。

限度を超えれば、睡眠や行動の障害が起きても不思議はないということを心に留めて、
自然な良い眠りは、幸せな生き方の必要な条件なのです。

ユングは、
「人は、完全に自分自身と調和していない限り、外部からの要求や必要に対して
 完全に理想的な形で応えることはできない」い言っています。

調和を求め、意識されない内部の緊張を解放したと望むなら、自分自身と調和する
必要があります。

それは、基本的な生理欲求と睡眠の欲求を尊重することから始まるのです。
必要を感じたら昼寝をする、そうするのが気持ちよいと思えるときに眠る、
これが幸福へと続く道!

他人と調和する前に、まず自分自身と調和しなくてはならない。
自分自身の睡眠の欲求に従わないでいると、休息の欲求を満たすという基本的な
喜びが奪われます。

生物学的な法則から見てもいくつもの誤りを起こす原因になります。
自分自身と、他人と調和するために、自分の中にある眠りの欲求に、
すべて「はい!」と答えましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。