昼寝で不眠解消 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

昼寝で睡眠障害解決

昼寝は、よく眠れない人や、睡眠薬に依存している人を助けます。
どんなに長い間問題を抱えていた人にも、健康的で回復力のある眠りを取り戻すための方法

[check]1日10分の昼寝
日中に10分間の休息を取ることで生物リズムを整える。
眠らなくても、横になって目を閉じ、リラックスする。

こうして得られたリラクセーションが間接的に夜の眠りを助けます。
それには少なくとも2つの理由があります。
生物リズムを正常化にする一方で、疲労と神経の興奮が蓄積するのを回避できます。

日中に休みを取らないと、逆に神経の興奮と疲労を大きくして、
眠りの訪れを妨げることになります。

[check]たばこ、コーヒー、お茶などすべての刺激物をやめる
こうしたものを一度にやめる方が、一つだけやめたり減らしたりするよりも簡単!
依存を断つ難しさは、やめるものの数に比例はしません。

自然に近づけば近づくほど、やめるのは簡単!

[check]毎日少しずつ運動をする
15分でも、歩いたり、体操をしたり、ジョギングしたり、ヨガをやったりする。

[check]呼吸法を身に付ける
1日に少なくとも3回か4回、深呼吸をする。
とくに、眠る前と朝目が覚めたときに布団の中でやると良い。

[check]自己暗示
自然の眠りは快適で、それは無理なく簡単に訪れると、熱意を込めて、
肯定的に絶えず絶えず繰り返すこと!

[check]きちんとしたものを食べる
重すぎる食事を避けましょう。消化のために眠りが妨げられます。
ビタミンがたっぷりの果物と野菜を毎食たくさん摂る。

食物を、肉や魚も含めて出来るだけ自然なままで!
人工的で変形され過ぎたものを、脂っこいソースで大量に食べると、
自分自身に不自然な化学分子を大量に摂り入れることになります。

ある種の分子は神経に働きかける作用があり、睡眠の長さと質を損ないます。
とくに2つのタイプの食物が眠りと神経の働きを変える可能性があります。

大人にとっても子供にとっても同じで、その2つとは牛乳と小麦です。
牛乳のたんぱく質とパンのたんぱく質は、人間にとっては異種のたんぱく質ですが、
アレルギーや睡眠障害を引き起こしかねません。

睡眠のトラブルが長く続いていたり、何度も繰り返したりするのは一部に
そのせいでもあります。

[check]眠らなくても横になっているのは非常に有益
例えすぐに眠れなくても、横になって身体の奥からリラックスするところを
思い浮かべるのはいい効果があります。

このリラクセーションは本物の眠りと同じくらい休息になります。

[check]睡眠薬と神経系に作用する薬をすべてできるだけ早くやめる
  鎮静剤、抗うつ薬、精神安定剤など
こうした薬は、自然の眠りの代わりにはならないで、眠りを損ないます。
意志の指示なしに長期的に使ってはいけません。

もし、そうしているのなら早速やめなくてはいけません。
乱暴に断つのは危険を伴うこともあり、禁断症状が長引く恐れもあります。

どうすればいいか医師に相談して、きちんと指示に従うこと!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。