集中力がなくなったり疲れを感じたりする – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

集中力が消え失せたり疲れを自覚したりしてしまう

それは、身体が休息を求めている印です。
与えられた信号、行動への赤信号です。

自然においては、そのときの正常な反応を数分間休息することです。
たいていの場合、元気を回復するにはわずかな時間で十分です。
疲れているのにコーヒーや刺激物を摂るのは、健康の赤信号を無視するのと同じことです。

そのうち数ヶ月で、場合によってはそれ以上でつけがきて生物リズムが狂っても
不思議ではありません。

大事なことです。睡眠の本能には訳があります。
疲れているときにコーヒーを飲んだりたばこを吸ったりして活動を続けるのは、
身体に害があり、困難を招いているようなものです。

今はどこにでも自動販売機や、コンビニがあります。
疲れているときに刺激物で誤魔化して働き続けるのは、心理的にも快適ではありません。

実際、そうなるともう仕事を完全に一体となっているわけでもなく、
無意識であっても、眠るほうがいいと思っているので、仕事の出来はよくありません。
睡眠の欲求を抑え続けていると、いずれ「眠りのノイローゼ」となり、
精神と行動上の障害が起きます。

必要なときに眠るのを拒否するのは、すごく健康に悪いのです。
睡眠に結びついている代謝プロセスに精神的な回復のプロセスが正常に働かなくなります。

コーヒー、たばこ、刺激物は精神的にも、効率の面からもとくに生活の質をよくする
ためにも望ましいです。

心臓血管系の病気で早すぎる死を迎えている人が多いです。
人工的過ぎる食物、たばこ、それにストレスです。
ストレスの一部は、生物リズムの崩れからくるもので、生物リズムを整える昼寝が
どれほど心臓発作の危険を減少させるか想像が出来るでしょう。

昼寝の長さが長くなるほど、心筋梗塞の確率が低くなるという研究発表があります!

三つの主な本能、睡眠の欲求と性欲と食欲です。
それぞれバラバラのものではなく互いに結びついています。

この3つの機能をコントロールするのは脳の同じ部分の視床下部です。
1つの領域のバランスが崩れると他の2つに影響が及ぶのはそのためです。
睡眠不足が長く続くと、インポテンツになったり、摂食障害になったりします。

また、睡眠リズムが崩れると、健康状態が全体として悪くなり、性生活にも害が及ぶのです。
よく食べ、よく愛するために、睡眠のバランスを取り戻し、昼寝をすることから始める!

いい食事をすれば、必然的に睡眠も正常になり、性生活もより満足できるものに成ります。
分泌されるホルモンも、抗ストレスにばかにならない効果があります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。