昼寝がひらめきを生む – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

昼寝でひらめきが出現する

人間は精神的・肉体的能力のごく一部しか利用していない。
限界のずっと手前で生きているのだ。人間はあらゆる種類の能力を持っているが、
使い方を忘れていると、心理学者は言う!

「われわれの中により以上のことがある」これは、デルフォイ神殿の正面に刻まれた神託。
われわれは自分で思っている以上に優れている。

だが、奥底に潜んでいるその天才を外に出してやるにはどうしたらいいのでしょう。
日中には、脳の活動はどちらかといえば現実に集中しています。
身の回りで起きていることに集中しています。

睡眠中は反対に創造力が取りとめもなくさ迷う。
これこそが、利用の仕方を知っている人にとっては、すばらしい創造力の源です。

眠っている間に、われわれの精神は日常の束縛から解き放たれます。
目や耳といった感覚器官を通して外から来た情報を処理する代わりに、脳は内部で再構成
作業を行います。

この作業から、新しいアイデアや夢が芽生えます。
どんな時代の神話にも、睡眠中の想像力の働きが大きな可能性を持つことを示している例
がいっぱいです。

創世記によると、神はアダムが眠っている間にその肋骨を取り、イヴを作ります。
フロイトは、夢は現実では得られなかった望みを表現しています。

夢で現実の埋め合わせをしていると考えます。
創造力のお陰で日常生活の制限を打ち破ることが出来ます。
睡眠はそうやってわれわれの緊張を和らげ、日常の煩わしさを耐えやすくしてくれます。

夜の眠りと昼の眠りは、精神を自由にして、すべての束縛から解き放ち、時空を自由に
旅させてくれ、この内部世界では、あらゆることが可能です。

偉大な夢想家、ラ・フォンテーヌは、
「だれもみな、まどろみから夢を見る、これほど心地よいものはない。
 わたしたちの魂は楽しい間違いに夢中になる。世界じゅうのいいものが自分のものに
 なってすべての名誉、すべての女性が」。

現実世界では所有できないものを、想像や夢の中では手に入れられる。
それに、論理的に考えたのでは思いつかないようなアイデアも、昼寝の中では思い浮かぶ!

昼寝や眠りの夢うつつの中では、脳が違った働き方をします。
創造力は現実の限界を知らず、心は思考の枠組みに囚われず、無意識は検閲によって禁止
されることはありません。

だから、予測できない独創的な解決策を見つけることができます。
「夜は助言をもたらす」という古い格言は、このことを言っているのでしょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。