ニュートンは世界で有名な昼寝をした人 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

ニュートンは全世界で誰もが知る昼寝をした人

木陰でゆっくり昼寝をしていたニュートンは、頭にりんごが落ちてきていきなり眠りを
破られた。

この出来事のお陰で万有引力の法則が発見されたと言われています。
ナポレオン・ボナパルト、トーマス・エジソン、ヴィクトル・ユゴー、
ベンジャミン・フランクリン、その他大勢の偉人が心から昼寝を信奉していました。

この偉人たちの、夜の睡眠時間は短く、だいたい5時間かそれより短いです。
しかし、日中にすすんで眠りをしました。

アルキメデスが風呂に中で、眠り込んだ出来事は有名です。
お陰で彼は、沈んだ身体はそれが押しのけれた重さと同じだけの上向きの力を受けるという、
「アルキメデスの原理」を発見しました!

アルキメデスはそのことを考えながら眠り込んで、湯船の中で。
また別のとき、アルキメデスはてこの原理を思いつきます。

これもまた眠っていたときで、彼はてこで地球を持ち上げるという夢を見ます。
ナポレオンの昼寝は有名です。
夜はあまり眠らなかったナポレオンも、何が起きても昼寝の邪魔だけはさせませんでした。

昼寝のお陰で、軍隊を率い帝国を作り上げるだけのエネルギーを得られました。
ナポレオンは夜の10時から12時の間に眠りつき、午前2時に起き、5時まで働き、
それからもう一度眠って朝7時に起きます。

夜は、4時間から最高で6時間しか眠らなかったが、毎日午後に昼寝をしたのです。
ナポレオンは、「わたしは眠った兵士たちの夢を集めて計画を立てる」といいましたが、
実は自分の夢を昼寝をもとに、戦闘計画を立てていました。

他に、睡眠時間が少なかった著名人に、ウィンストン・チャーチルがいます。
第二次世界大戦の最中にも、イギリス首相は毎日昼食後に眠っていました。

首相の昼寝は、国家全体の戦争努力の一部と考え彼の部下、とりわけ参謀部の将軍たちは
その時間決してチャーチルの邪魔をしませんでした。
さらに、昼寝にかかった時間は夜に取り戻すことが出来ました。

午前3時か4時まで仕事をして、8時には元気に目を覚ましていました。
こうした人たちは、何も特別な能力を持っているわけではありません。

ただ「昼寝名人」になって睡眠をコントロールできるようになり、いつでもどこでも
少ない時間で元気回復できるようになったのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。