無意識にアクセスする – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

潜在意識にアクセス方法行うべき

フロイトは、人間の心が意識と、もっと大きな無意識とからできている事を証明しました。
昼寝の間に、いいアイデアがたくさん脳から飛び出してくるのです。

眠って起きたら、問題の答えが見つかっていたということがよくあります。
思考と"切り離されて"昼寝をすると、無意識の世界に潜んでいる創造性に手が届くから!
昼寝に特徴的な半睡半醒の状態では、たくさんのイメージやアイデアが湧いてくることが
科学的に証明されています。

アルキメデス、ケクレ、エジソン、アインシュタイン、ナポレオンなどが、
数多くの発明・発見が昼寝や夢を通して行われたのはこういう理由からです。

フロイトやユングが証明したように無意識は無限といってもいいほどの情報の宝庫です。
そして、昼寝のおかげで、未来の発明がしまわれているその宝庫に入り込むことができます。
発明という行いは、すでに無意識の中にあったアイデアを意識的に表現するだけのことです。

人間の意識は湖のようなもので、ふつうは表面しか見えない。
隠された部分、無意識を見るには、表面の波を鎮めなくてはならない。
湖の表面、それは、私たちの思考、心配、感情など。

水面下の世界は私たちの内面で、表面よりはるかに広いのです。
瞑想は、昼寝と同じように、水面を乱す精神作用を鎮めることで、
内面世界に入り込むことを可能にします。

何か問題を抱えていて、解決策がまったく浮かばないとき、疲れるまで考えても
何の役にも立ちません。

自律神経が乱れると、腸の調子も悪くなるのです。
そんなときには、アインシュタインのようにちょっと昼寝しましょう。
解決策がひとりでに出てきます。

ナポレオン・ヒル博士は、アメリカの有名な成功哲学「ナポレオン・ヒル・プログラム」を
アンドリュー・カーネギーとの約束。

一定のルールに従いさえすれば、どのような人間でも必ず成功するという信念を持っていました。
そして、実際に人々を成功へと導くルールを発明するようにナポレオン・ヒル博士に託し、
PMAプログラムを完成させました。

「成功は、決して不可能ではない」
「求め信じれば、それが何であれ必ず手に入れることができる!」

会社が儲けるには、働くのをやめなさい。
靴を脱いで、足を机の上に乗せ、頭を空っぽにしなさい。
そうしてこそ、金儲けのアイデアが生まれる。

昼寝の間に、夢の中でたくさん発見が行われました。
重要な発見をした人々の利用したテクニックが、私たちの活動を進歩させたり、
いちばんいい解決策を見つけたりするのに役立ってくれます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。