最も自然な自己開発 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

ひときわナチュラルな自己開発

無意識に働きかける。そして、無意識に到達するには、目を閉じ、頭を空っぽにして
外界から切り離し、脳のリズムを遅くします。

無意識に働きかけるにはあらゆる創造力の出発点です。
昼寝は、こうした自己開発の方法を実践して直観力と創造力を発達させるのに理想的な
状態なのです。

たくさんある(リラクセーション、催眠学習、自律訓練法、瞑想、自己暗示、自己催眠)
創造力と自己開発の方式のなかでも昼寝は最も単純で最も自然な方法なのです。

昼寝をすれば、気づかないうちに自己催眠をしていることになります。

昼寝からアイデアを得る

1.うつらうつらしているときや、昼寝の最中に浮かんだことを真剣に受け止める。
  重要だと思わなければすぐに忘れます。
2.眠りに落ちるときは、次のような文句を繰り返す。
  「この昼寝のあいだにすばらしいアイデアが浮かぶ。目が覚めても完全に覚えている」
3.同時に、やはり眠りに落ちるときに、湖の表面に泡が浮かび上がってくるように
  アイデアが浮かんでくる様子を視覚化する。
  その泡は素晴らしいアイデアで、非常に役立ち、水面に近づいてきている。
4.自分の創造力を働かせたい方向を心に決める。
  たとえば、「誰それにあげるプレゼントは何がいいか、アイデアを探している」とか、
  「昇給してもらうのに、雇い主に何と言えばいいのか知りたい」など。
  結果が得られると信じること。
  「この昼寝の間に答えが得られるとわかっている」
5.目が覚めたらすぐに、思い浮かんだ夢やアイデアを書き留めるようにしておく。
  そのため、ペンと紙か昼寝手帳を置いておく。
  すぐに書き留められなかったアイデアは確実に失われます。
  すべてメモをするようにすること。
  意味のないように思えるアイデアでも必ず書き留める。
  書いているときや、あとになって、夢のかなで得たメッセージの意味がわかることが
  あるからです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。