昼寝で効率はアップする – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

昼寝で効率の良さはレベルアップする

昼寝のおかげで元気を取り戻し、もっと能力を発揮できる。
昼寝を習慣にしている人は、テストでいい成績を残し、苦労しないで正しい決定を
下すことが出来ます。

昼寝がいろいろな人たちの効率を高めることを証明する研究がたくさん存在しています。
実際、人間の注意力つまり効率は、1日のあいだに上下して午後の初めに急激に落ち込む!

昼寝の時間に、仕事の生産性が落ちるのです。
それならば仕事を中断し休息をする。
その後元気に再会するほうがいいです。

そうすればみんなが利益を得られます。
仕事の効率もアップするし、生物リズムを尊重することも出来ます。

午後の昼寝で学生たちは機嫌よくなり、学業の効率もアップすると言います。
それ以外には、昼寝は反射神経を鋭くし、活力や満足感を高めるのです。
反射神経が鋭くなると、1つ目は生産速度が上がること、2つ目は労働災害のリスクが減少。

昼寝が生み出す満足感は、人間関係をよくし、会社内外のコミュニケーションを容易に!
基本的な生物欲求が満たされていないと、どんな動物でも怒りっぽくなり、予測もつかない
反応をし、威嚇的で、ときには危険になります。

働いている人が幸福で、睡眠が足りていて、調和がとれていなければ、
会社全体もうまく機能することが出来ません。

十分休息して、健康で、満足している従業員。
これが効率的な仕事の必要条件です。
十分休息しているときのほうが、効率的で人にも感じよく出来るのは確かです。

昼寝が万能薬とは言わないまでも、従業員の満足と落ち着きが会社の機能を
助けることだけは明らかです。

夜警、海員、列車の運転士、パイロットなど、夜間に働く人たちの場合。
こういう人たちは、睡眠のリズムが大変な試練にさらされています。
夜働いて昼眠るという逆の生活をし、勤務時間もしょっちゅう変わります。

夜間労働の必要な職種では、昼寝をする習慣のある人のほうが、
昼寝をしない人よりも眠気によく耐え、注意力も高いことが確証しています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。