夜の熟睡・快眠をするために – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

夜間の熟睡・快眠を行なうことを考えて

8時間睡眠よりもっと短い時間で、よく眠るのは可能です!
睡眠は一人ひとり違うし、他の人よりもよけいに眠る必要がある人も確かにおります。

しかし、ほとんどの人は簡単に何時間か睡眠時間を減らすことも不可能ではない。
自動車の運転を習うように睡眠の取り方を習うことだって可能なのです。
夜、5時間あるいはたった3時間しか眠らなくても具合が悪くならない人がいます。

約5%くらいの人は、夜の睡眠時間が6時間以下で、そして体調はいい。
したがって、少ししか眠らなくても元気に暮らすことは可能だ!

長く眠ったからといって、必ずしも目覚めたときに元気だとは限りません。
眠り方や目覚め方も重要なのです。
それでも、まったく眠くならなくてもすむと考えることって、大きな間違いです。

普通の人ならば、最低1晩に5時間くらいは眠らなくてはなりません。
不眠症の人だと何年もまったく眠っていないと主張することでしょう。

確かに睡眠時間は少ないのですが、それでも夜のかなりの時間はベッドに
横になっているので、気づかずにまどろんでいるのです。
目覚めたときには、寝むったことを覚えていないのです。

なにしろ、「無意識の」時間の記憶はないからです。
眠らずに生きていかれる人間がいないのは明らかです。

睡眠は、一般的に考えられるように、無駄な時間ではありません。
反対に必要で、有益で重要な機能を果たしています。
睡眠が脳を回復させ、睡眠中に無意識下で脳が重要な仕事をしています。

睡眠を奪う実験は数多く行い、動物と人間で睡眠なしでどれだけ耐えられるのかテスト
されてきました。

兵士が眠らずに何日も闘えるようにするための「抗睡眠剤」を開発しようと、
この問題に興味を持っています。
しかし、実験のすべてで、睡眠なしで長く生きるのは不可能だということが証明されました。

食べ物を食べずに何週間が生き延びることは出来ますが、それほど長く眠らないでいる
ことは出来ません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。