睡眠は食物よりも生きるには不可欠なの – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

睡眠はお食事と比べて活用されるとしては重要なの

全然眠らないのは不可能だとしても、睡眠時間を賢く短縮することで1日につき1時間か
数時間を稼ぐことは十分可能なことは科学的に証明されております。

通常は8時間眠っていた方を毎週30分づつ時間を減らしていって5時間半までに減らしました。
毎晩眠る時間を30分ずつ遅くして、朝は同じ時間に起きます。
このやり方を1ヶ月続け、その後6ヶ月は好きなように眠ることにしました。

この方は、睡眠時間が6時間半までは全然苦痛を感じませんでした。
普通の睡眠をとっている人も、長い時間をかければ睡眠時間を1時間から2時間
縮められるのです。

もし午後に昼寝をすることで睡眠時間はもっと少なく出来ます。
人間は一生の間に、約25年間分を眠って過ごします。

一生のことを考えると、睡眠時間の短縮でたくさんの時間が得られることになります。
睡眠時間を1日2時間短縮することで一生に約5万時間、すなわち1日の活動時間を
8時間として考えると約6000日分(17.5年分)になります。

引退後の生活で得られる時間より長いです。
ただ睡眠を最適化しただけで得られる時間と経済効果を考えて欲しいです。

昼寝の効用を発見すれば得るものが多いです。
睡眠不足は昼寝をすることで得やすくなります。

あなたのストレス年数

平均して1日の半分はストレスを感じている人なら、ほぼ40年(80歳)をストレスの中で
過ごすことになります。

そんなに長い時間を、疲れ、ストレスを感じ、不満を持って生きていたいと
考えるでしょうか。
疲れきった長い年月のことを考えたら、もう疲れなくてすむための単純で決定的な解決策を
探すために数日かけるだけの価値はあるのではないでしょうか。

そして、ちょっと昼寝をすることでその問題が解決するのだとしたら、
それほど簡単なことだとしたら。

昼寝は健康を増進するだけではなく生活の質を高めるが、時間の節約にもなり、
私生活や仕事の活動をもっと効率的にするものであります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。