昼寝がもたらす心の調和 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 昼寝の効用

昼寝が引き起こす精神協調性

目を開けて祈ってもよろしいのですが、「心を空っぽ」にするには、
感覚を遮断した状態が都合が良いです。

祈るのに目を閉じるのはそのためでしょう。
昼寝は同じような働きをして、われわれを外界から切り離し、思考のリズムを
緩やかにして無意識への扉を開きます。

ですから昼寝の時間は、祈りを初めとした霊的な活動にはもってこいの時間なのです。
目を閉じて通常の意識状態から抜け出し、脳のリズムがベータ波(速い)から
アルファ波(遅い)へと緩やかになっています。

昼寝がこうした体験を促すのは当然です。
昼寝のときは目を閉じ、脳の活動が遅くなってアルファ波のリズムが現れるのです。

昼寝は脳をアルファ波にしますから、祈りや内省などの霊的な実践をするには
理想的な状態なのです。
古代インドでは、意識の状態が4つに分けられていました。
いちばん多いのが覚醒の状態、睡眠、夢、涅槃(ねはん)、この4つです。

覚醒の状態では、信念や幻想のせいで涅槃の状態に達するのを妨げている。
涅槃では、すべての苦しみから完全に解放されます。

童話の白雪姫とねむり姫は死んでしまったように見えますが、実際には、
眠っているだけで、そのときが来れば目覚めます!
このように、死と眠りには緊密な結びつきがあります。

この2つの違いは、昼寝や睡眠から目覚めるのが、死からは戻ってこられません。
昼寝によって手に入れられるアルファ波の状態は、哲学的・霊的な観点から見て、
特に興味深い状態です。

インドでは通りや店の中で眠っている人を見るのは珍しくなく、誰もが迷惑だとは
思わないばかりか、「人前で眠っている人」の眠りは尊重されています。

ヨーロッパではまったく違いまずが、睡眠は今では、自分の睡眠を「再発見する」時代!
睡眠の性質、その効用、その特性など。
睡眠は、非常に重要でばかにするようなものではなく、われわれの中にある可能性を
伸ばし、幸福にするものです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。