ホルモン量の変化に影響される女性の成長 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

ホルモン量の調整に左右される女性の発育

女性の場合、成長には女性ホルモンの分泌が深く関っています。
乳幼児期・小児期は、まだ女性ホルモンの分泌がほんのわずかです。

影響はほとんど受けないで、8歳くらいまでは男女で大きな性差は見られません。
それが思春期から分泌が盛んになる女性ホルモンとともに、
心も体も大きく変化していくのです。

ご自分がどの様な状態にいるか、これからどんな変化をしていくのかを知ることは、
ホルモンによって影響を受ける体調をコントロールし、少しでも快適に暮らしていくための
ヒントになるでしょう。

女らしく変化し始める思春期はまだまだ不安定

8~18歳くらいまでが思春期といわれる時期です。
女性ホルモンの分泌が盛んになっていき、体が丸みを帯びたり、陰毛が生えたり、月経が
始まったりといった変化が起こります。

でも、子宮や卵巣はまだ未熟なため、月経も初めは不規則です。
ホルモンの分泌が急激に増加することについていけないで、頭痛やだるさを感じたり、
イライラしたり急に元気になったりと、心も体も不安定になります。

また、成長の早さにはかなり個人差があって、そのことで悩む場合もあります。
安心して下さい。誰もがそうした時期を通過していきます。

この時期に注意したいのは、ダイエットになります。
女性ホルモンの働きで20代前半までに一生分の骨が作られます。
ダイエットの影響から栄養不足になりますと、必要な骨が十分に作ることが出来ません。

月経不順を招いて、将来的に非常に困ったことになります。
それは、骨粗鬆症でちょんなことつまづく事で骨折しやすい体になります。
骨密度が足りないと、寝たきり状態になるケースは人事ではありません。

成長に必要な栄養をきちんと食物からバランスよく食べていくことが大切ですので、
自己流のダイエットは絶対にやめましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。