基礎体温でご自分のサイクルが分かります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

基礎体温でご自分のサイクルが分かります

周期的なからだのリズムには個人差があります。
ご自分のリズムを知るためには、基礎体温をつけることです。

基礎体温とは、生命を維持するためだけにエネルギーを使っているときの体温のことです。
つまり、眠っているときの体温なのですが、眠っているときに自分で体温は測れないため、
朝目覚めたとき、活動を開始する前に布団のなかで測りましょう。

女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)には体温を上げる働きがあるため、
黄体ホルモンが活発になると体温が上がり、分泌量が減少すると体温が下がります。

そのため基礎体温の変化は女性ホルモンの変化を知る手掛かりとなるのです。
そして、女性ホルモンの変化によって起こる排卵や月経、体調の変化などのサイクルの
予測にも役立てることが出来ます。

早速、基礎体温を測ってみましょう!

基礎体温の計測を毎朝の習慣に、まずは1サイクル続けましょう。
基礎体温の変化を知るためには、毎朝続けて測ることが必要です。

毎朝、顔を洗うように体温の計測を習慣に。
枕元には必ず婦人体温計を準備して寝ましょう。
基礎体温表をあわせて準備して置いて、測ったらすぐに記入をしましょう!

基礎体温表には、体温だけでなく月経やおりもの、その他体調で、気づいたことなども
メモして置くと良いです。

測る時間は毎朝出来るだけ同じにすることが原則です。
起き上がらずに寝たままの状態で測ります。
多少時間がズレたとしても、毎日測ることが重要です。

まずはご自分の月経周期1サイクルを目標にして始めましょう。
熱が出るわけではないので、基礎体温の変化はわずかなもんです。

そのため、普通の体温計より細かい温度まで表示される婦人体温計を使いましょう!
婦人体温計の中には測った体温を記録しグラフにできたり、排卵や月経を予測したりする
便利な機能が付いたものも発売しています。

低温期と高温期に分かれているのが普通です。
黄体ホルモンは、排卵後に分泌が増加し、そのまま受精卵が着床しなければ、
やがて分泌が減少して月経が起こります。

その分泌にあわせ基礎体温も上がって上がるため、きちんと黄体ホルモンが
分泌されていれば、基礎体温には低温期と高温期が出来、それが一定のサイクルで
繰り返されてきます。

もし、高温期が続くなら黄体ホルモンの分泌が続けていると考えられ、
排卵をしていないことも予想されます。

体調の変化などを基礎体温表にメモしておくと体調のサイクルも掴みやすくなります。
基礎体温表がきれいなパターンでなくても、月経の時期に体温が少し下がって低温期が
続き、それから高温期がしばらくあるというように、何となくでも二相になっていれば
大丈夫です。

もし、心配なことがあったら基礎体温表を持って婦人科を受診すると良いです。
基礎体温の記録は医師にとっても診断のための大きな手掛かりになるからです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。