体調不良とホルモンの関係 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

体調不良とホルモンの関係

体調に影響を与えるホルモン量の微妙な変化

人間の体の状態はさまざまなホルモンの働きによって維持されています。
とても大量のホルモンが体のなかを流れているように思えますが、
一生に分泌されるホルモンすべてを集めてもスプーンに何杯かのわずかな量なのです!

ホルモンはどれもがほんの微量で効果を発揮します。
その微量の分泌は繊細で、多くても少なくても体に支障をきたします。

通常、ホルモン同士の働きなどで分泌は上手くコントロールされていますが、
不規則な生活やストレス、病気などが原因となって、どこか1ヵ所の分泌が崩れると、
そのホルモンに関係している別のホルモンのバランスもおかしくなってしまいます。

体調の悪さがホルモンの分泌を乱し、ホルモンの分泌の乱れでさらに不調が起こるといった
状態に陥ってしまいます。

女性ホルモンの乱れは月経不順などを引き起こします。
女性のからだのリズムを作っている女性ホルモンは、脳の視床下部、下垂体、卵巣の機能や、
性腺刺激ホルモンの働きなどのどこかにトラブルが起こると、分泌が乱れます。

そうすると、月経不順やPMSをはじめとする月経に関する不調が起こり、
卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少すると、その働きで保たれていた肌のハリや潤いが
なくなったり、将来骨粗鬆症を起こりやすくなったりします。

また、女性ホルモンの分泌を促そうと視床下部が活発に働くことに自律神経も影響を受け、
頭痛やイライラなどの不調も起こります。

更年期には、加齢による女性ホルモン分泌の急激な減少によって、そうしたさまざまな
不調が起こりますが、若い人でも女性ホルモンの分泌が悪くなると、このような似たような
症状が起こります。

月経が順調でも卵巣が機能していないことがあります

月経が毎月ちゃんと来ているからといって、女性ホルモンがきちんと分泌されていると
安心できるわけではありません。

排卵をともなわないで月経のような出血が起こります。
無排卵性周期症という症状が起こっていることも考えられます。
排卵がきちんと起こっているかどうかを知る手掛かりとしては、基礎体温表を付けてみること

高温期と低温期の二相になるはずの表が、一相になっている場合に無排卵周期症が
考えられます。

無排卵の状態や月経不順の状態は、卵巣の機能が上手く働かないで、女性ホルモンがきちんと
分泌されていないために起こっています。
そのようなじょうたいにを続けていると、卵巣の機能はどんどん低下してしまって、
もとに戻すのにもそれだけ時間がかかるようになって、不妊にもつながります。

出来るだけ早くその状態に気づいて、卵巣の機能を改善する努力をしましょう!
月経不調を感じたら、基礎体温表を付けましょう。

早めに婦人科に相談することも必要です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。