女性ホルモンの分泌を整える – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

女性ホルモンの分泌を整える

それには、規則正しい生活とバランスの取れた食事です。
病気が原因で、ホルモンの分泌が乱れている場合は、その病気を治すことが第一に優先!

でも女性ホルモンの分泌を執り行っている視床下部や下垂体、卵巣などの器官に特に
トラブルが無いように、ホルモンの分泌が乱れている場合も良くあることです。
そのような時には、生活習慣や食生活を見直して見ることが基本です。

不規則な生活、栄養の不規則と偏りは、体に備わっている免疫力(抵抗力、回復力)を
低下させ、体調を崩す大きな原因となるのです。

体調の崩れは女性ホルモンの分泌を乱し、それが元でさらに体のあちこちに不調が
現れてくるのです。
規則正しく生活を送り、栄養バランスの良い食事を摂ることは、
女性が美しく健康に暮らしていくためには欠かせません。

早寝早起きが基本で、毎日同じ時間に起床する!

早寝早起きは体のリズムを整えるための基本中の基本。
夜きちんと睡眠を取って体と脳を休息し、昼間に活動するのが人間の体に組み込まれている
自然のリズムです。

そうしたリズムを崩している生活では自律神経に悪影響を及ぼし、常に興奮している状態で
永遠にリラックスできないで、疲れが蓄積していくのです。

さまざまなホルモンの分泌も睡眠のリズムに影響を与えているため、
生活のリズムを整えるだけでも、女性は肌荒れや倦怠感などの不調の効果があり、
免疫力もアップします。

とくに朝、起きる時間を一定にすることが大切なんです。
目覚まし時計をセットした時間に起きないで、ついつい二度寝をしてしまうと、
睡眠のリズムが崩れ(レム睡眠)、一日中ボーッとする時差ぼけ状態に、
日中の活動に支障をきたすことになります。

起きたときには、太陽の光をしっかり浴びることで、体内時計をリセットされ、
体がすっきり目覚め、規則正しいリズムを作っていけます。

お休みの日に、たっぷり眠れるからお昼過ぎまで床に入っていたりすることは、
かえって体のリズムを崩し、不調を招きます。
いつもより少しゆっくり起きるくらいにしましょう。

生活が不規則であっても、質の良い睡眠を取る努力をしましょう!
可能なときしっかり体を脳を休めて下さい。

大切なことは質の良い睡眠です。
眠っている間に脳をはじめ体のメンテナンスをし、浅い眠りが続けだけだと、
その機能は働きません。

夜眠る時間が異なっても、朝は決まった時間に起きること!
これは、翌日の熟睡のために重要なことです。

これで多少睡眠時間が減ったとしても、熟睡が得られることで、
かえって体や脳が休息できます。
眠る直前までテレビやパソコンなどの刺激を受けることは遠ざけ、お風呂に入って体を
温め、リラックスした状態(薄明かりの部屋)で、布団に入ると寝付きが良くなります。

昼間の適度な運動も、より良い睡眠のためには効果的です。
そして、枕や寝具もご自身の心地よいものを選ぶことも必要です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。