ストレスはホルモン分泌に悪影響を与えます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

今日はイヴ

大きなストレスで体や心が不安定になります。
勉強、お仕事、人間関係、経済的なこと、引っ越しや結婚などの用事などという、
環境の変化、暑さや寒さまで、周りにはストレスの原因となることがいっぱいです。

現代はストレス社会といわれるほど、誰もがみんなストレスを受けて暮らしています。
ストレスという刺激を長い期間受け続けていたり、とても強いストレスを受けたりすると、
めまいや頭痛、肩こり、冷え、イライラ、集中力の低下などなど、体や心にたくさんの
不調が表われれきます。

この原因として挙げられるのが自律神経のバランスの崩れです。
自律神経には、活動しているときに優位に働く交感神経と、
リラックスしているときに優位に働く副交感神経が備わっています。

そして、そのふたつが上手くバランスを取りながら、血圧を上げたり下げたり、
汗を出したり抑えたり、というように体をコントロールしています。

それがストレスで交感神経ばかりが働くことになり、体や心が不安定になります。
自律神経の働きの乱れでホルモン分泌も乱れます。
自律神経の働きを調節しているのは脳の視床下部です。

視床下部は、さまざまなホルモン分泌の調節も行っている器官で、下垂体に
性腺刺激ホルモンを出すように指令する働きもしています。

自律神経のバランスの乱れは視床下部の調節機能を乱し、
ホルモンの分泌にも影響を与えます。
女性ホルモンの分泌も乱れ、月経不順などが起こります。

ストレスから月経が止まってしまったりするのは、このためです。

完璧主義の人はストレスに弱い

みんなが同じようにたくさんのストレスを受けているのですが、
ストレスの受け止め方はそれぞれです。

同じような出来事でも強いストレスを感じてしまう人と、
たいしたストレスを感じない人がいます。

その人の得意とするものなどによっても違いますが、一般的にストレスを
強く受けてしまうのは、真面目で完璧を目指す、責任感が強い、
人に頼まれたら断ることが出来ないといったタイプの人です。

生活習慣を整えてストレスに強くなる

適度なストレスは緊張感を生み、物事に対する努力を促すなど、
生活に良い影響を与えることもあります。

うまくストレスと付き合っていくことが出来れば、より充実した生活が送れます。
そのためには、生活習慣や食事のバランスに気を付けることが大切で、
休息や栄養バランスをきちんと摂り、ストレスに負けることの無い体と心にしましょう!

いっぱい、何でもご自分で抱えてしまう人は、完璧を目指すことなく、
悩みは誰かに相談するといった心がけも必要です。

受けたストレスを解消するのに効果的な方法は体も心もリラックスすることです。
ゆったりとお茶を飲んだり、大好きなミュージシャンの曲を聴く、
ホッと一息つける時間を生活に取り入れてください。

入浴、お買い物、カラオケ、ヨーガ、深呼吸などご自分に合ったリラックス方法、
ストレス解消法をいくつか探しそれを習慣にしてストレスを溜め込むことのないように、
こまめに解消(発散)していきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。