生理(月経)トラブルの原因 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

生理(月経)トラブルの原因

生理痛や生理不順、PMS(月経前症候群)などのことで悩みを抱えている女性が大勢います。
つらい症状をがまんしている。

長く付き合っていかなくてはならない、生理。
少しでも快適にする術(すべ)を身に付けましょう。

個人差が大きい生理痛(月経痛)の症状

生理(月経)のたびに下腹部の痛みや腰痛などに悩まされる女性。
人によっては、頭痛、吐き気、むくみ、肩こり、下痢、眠気など、
さまざまな不調があらわれます。

これらの症状の強さは個人差があり、寝込むほど酷い人もいれば、ほとんどいつもと
変わらないという人もいます。

月経痛を起こさせる原因のひとつは、子宮内膜から分泌される「プロスタグランディン」
という物質です。
これは子宮を収縮させて、月経血を子宮の中から体外へ押し出す働きをしています。

月経のときに下腹部が痛むのは、この子宮の収縮によるものです。
プロスタグランディンの量が多いと、子宮の収縮がそれだけ強く起きてより痛みが
強くなるのです。

またプロスタグランディンには血管を収縮させる働きもあって、血液の流れが悪くなり、
その結果、頭痛や肩こりなどの不快な症状があらわれてきます。

プロスタグランディンは月経期の中ごろから徐々に分泌が減ってきますので、
症状は月経前半のほうが強く、後半には少しずつ軽くなるというのが一般的です。

痛みが強い月経困難症

鎮痛剤を飲んでも痛みが抑えられない。
お仕事や学校に行く事が出来ない。

そんな日常生活に支障が出るほど酷い月経痛を「月経困難症」といいます。
寝込むほどの強い下腹部の痛みや腰痛、頭痛、吐き気など、症状の現れ方はさまざまです。
このような場合には、月経痛だからがまんしないこと。

婦人科を受診して相談することをおすすめします。
月経困難症には「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2種類です。

[check]器質性月経困難症
何が原因となる病気があるために、強い月経痛が起きているものを、器質性月経困難症。
子宮内膜や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気があり、そのひとつの症状として強い
月経痛があらわれます。

[check]機能性月経困難症
とくに原因となる病気がありません。
体質などによって月経痛が強くあらわれるものを機能性月経困難症といいます。

もともとプロスタグランディンの分泌量が多かったり、子宮頸管部分が細かくかたいなどが
原因と考えられます。
10代後半で子宮がまだ成熟していない場合にも、細かくかたい子宮口から月経血を
押し出すときに負担がかかり、痛みが強くなることがあります。

月経痛を悪化させる冷え、ストレス、たばこなど

プロスタグランディンの作用によって血行が悪くなるのに、体が冷えていてはもっと血液の
流れが悪くなり、肩こりや頭痛などの不快症状を悪化させます。

またストレスによる自律神経の乱れも、血流を悪くします。
月経が来ると「またつらい月経痛に耐えなければならない」という思いで憂うつになり、
それがストレスとなってさらに症状を悪化させるといった、悪循環の例もあります。

血行を悪くするたばこも月経困難症に悪影響があります。
健康のため、月経痛が酷い場合は、禁煙も必須!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。