月経前症候群(PMS)体と心にあらわれる症状 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 女性ホルモンを知る

雪の降る田舎でゆったり過ごす大晦日

月経の前にあらわれるさまざまな不快症状。
月経が始まる1週間ぐらい前から、イライラや憂うつ、倦怠感、乳房の張りなど
いろいろな体調の変化があらわれます。

これを「月経前症候群(PMS)」または「月経前緊張症」といいます。
これらの症状は、月経が始まると解消されます。

PMSの出方や強さには個人差があり、ちょっとイライラするだけの人、
強い痛みや不快感で日常生活が送れない人もいます。

月経前症候群(PMS)の症状は、
頭痛、肩こり、イライラ、肌荒れ、便秘、下痢、だるい、冷え、眠気、口内炎、のぼせ、
腰痛、むくみ、体重増加、下腹部痛のような体にあらわれるものと、
イライラや憂うつ、集中力の低下など精神面にあらわれるものがあります。

吹き出物が出来やすくなり、それが気分を落ち込ませて、ますます憂うつな気分に
なるといった悪循環も起こります。

月経前症候群(PMS)は、几帳面で完ぺき主義、負けず嫌いな人ほど症状が強くなる
傾向があるといいます。

PMSの時期は黄体ホルモンが増大!

女性の体内では月経周期に合わせて、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、
黄体ホルモン(プロゲステロン)というふたつのホルモンが分泌されます。

月経から排卵に向って卵胞ホルモンが多くなり、
排卵後黄体ホルモンが急激に増えます。

[check]卵胞ホルモンの多い卵胞期は、心身ともに健やかな時期。
   肌の調子も良くて、気持ちも晴れやかに。

[check]黄体ホルモンの多い黄体期は、心身ともに不調になりがち。
   肌の調子も悪く、余計に憂うつになる気分に。

月経前症候群が起きる原因は、はっきり判明していませんが、原因のひとつに
この黄体ホルモンの増加が影響していると考えられているのです。

月経前から月経中にかけて、体重が少し増えているのを感じる人って少なくありません。
それはこの時期に増える黄体ホルモンに水分を蓄える作用があり、そのせいで
体がむくみやすくなるためです。

この時期は皮脂の分泌も多くなるので、吹き出物が出来やすくなります。
他にも、自律神経が乱れがちになり、イライラしたり怒りっぽくなるなど、
精神的に不安定な状態に陥ります。

乳房が張ったり痛くなるのも黄体ホルモンのせいです。
黄体ホルモンは次の月経が始まる頃には急激に分泌量が減り、それと同時に、
月経前症候群の不快な症状が解消されます。

肩こり、むくみ、イライラ、気持ちの落ち込みなどの不快症状を訴える人がなかには、
ご自分の症状が月経前症候群(PMS)によるものであると気付いていない人もいます。
まず、ご自分の体や心にあらわれる症状が月経のサイクルと関連しているかを
チェックして見て下さい。

不快症状の原因がPMSによるものだと分かって、期間限定であらわれる症状であると
判断できれば、多少は気持ちも楽になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。