成長ホルモンを分泌につなげる日常生活をつけよう – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

成長ホルモンを分泌につなげる日常生活をつけよう

生活習慣において成長ホルモンがスムーズに分泌されるのって睡眠時

1日の時間帯だと、夜10時ごろから夜間2時ごろがいちばん盛んに分泌されるのです。

人は睡眠後、30分くらいで深い睡眠(ノンレム睡眠)に入り込みます。

夢を見ることはなくすやすや眠り続けている状態なのですが、この瞬間に成長ホルモンが多量に分泌されるわけです。

よくは筋肉の原材料である「プロティンを飲むならば就寝30分ぐらい前」なぞと言われるのは、このような根拠です。

日付けが入れ替わる頃の2~3時間は、1日のうちにいちばん筋肉が生成され、修復も加速する時間でもあります。

多忙な現代にあっては、早くの就寝は困難かもしれませんが、早起きするとかしてこの時間帯に睡眠を得られると役に立つでしょう。

それとは逆に睡眠不足やバランスを崩した睡眠時間だと成長ホルモン分泌はスピードダウンしていくので、悪くても規則的な日常生活で睡眠の質に保っておくことを意識しましょう。

成長ホルモンの分泌を促進するためには、言うまでもなく食事内容もかなり大事です。

分泌を促進する栄養素といわれるのは、アルギニン、リジンというようなアミノ酸や亜鉛というミネラルが知れ渡っています。

とは言っても、

「アルギニンがいっぱいブレンドされているからナッツ類を食べていたなら」
「亜鉛が充実しているカキを食べたから一安心」と、

「そんだけ食べ」という視点ではマイナス効果であるのは言う必要もないはずです。

特定の栄養素をいっぱい含んでいる健康食品やサプリメントがコンビニエンスストアからインターネット通販まであふれ返っておられるようですが、これだって感心タブーです。

栄養とカロリーを適切にコントロールした状況で、絶対必要な健康食品やサプリメントを利用するのならば構いませんが、食生活を見直す労力を渋って、健康食品やサプリメントに依存するのは安直でしょう。

ダイエットに気を取られ無理がある低いカロリーの食生活を進めると、通常であれば絶対必要なタンパク質やカルシウムなどが不十分になることが非常に多いので、皮肉なことに老け込んでしまうということがあげられます。

そこに至るまででなくとも、不規則になっていた食習慣を見直せば、肌つや体調などに応じて、結果に現れますから、長続きさせるやる気がおきてくるのじゃないかと感じます。

糖質の過剰に摂取も成長ホルモンの分泌にブレーキをかけることから、お菓子や清涼飲料水を摂取するのが習慣になっている人は、少なくしていくべきです。

生活習慣

それとは逆に運動不足、ストレス、過労、睡眠不足というような悪い生活習慣やバランスの悪い食習慣を何もせず放っておくと、ホルモン分泌の低下が助長されます。

老け込んでしまうということなのです。

肌つや

ハリがある肌つやのことを思ってコラーゲンのサプリメントが女性の方を中心として注目されています。

コラーゲンは別のタンパク質とコラボレーションして皮膚にほどよい弾力性と復元性をもたらしていますので、年齢と共に少なくなる分をサプリメントでカバーしようといった発想力なんですが、口から入ったコラーゲンが肌に直行するはずありません。

肉や魚のタンパク質と同じく、コラーゲンも胃腸でアミノ酸レベルまで分解が行われ、状況に応じわれわれの身体の原材料となっているためです。

それに加えて肌に取り入れられるとは限定されることなく、余ると脂肪となって蓄えられることも考えられます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。