トレーニングをやり続ける人々のポイント – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

トレーニングをやり続ける人々のポイント

トレーニングを引き続いて持続できる人と、持続できない人の格差

諦めたりしちゃった人の心構えが不足している、わけではありません。

三日坊主で諦めてしまった人は、ただ単にご自身の気持ちをモチベート(動機付け)するメカニズムができていなかったため。

「健康を取り戻したい」「体重を減らしたい」「モテたい」、背景にあるのはどんなことであれ、モチベーションがあるのなら無理やりに頑張らなくてもトレーニングは三日坊主にならないものなのです。

そうするために要求される心構えを3つ挙げます。

セルフエフィカシー(自己効力感)と称されるものです。

「確かに自分自身にもできるかも知れない」といった見込み感のことを意味します。

1.小さい成功体験を積み上げる
2.他の人の成功体験を将来に向けた自分自身を重ね合わせてみる
3.周りの人のサポートを引っ張り出す

今週は5分ランを週3日やり遂げる、といった目標を立て、そのことが行うことができたらひとつの成功体験となります。

「これだったら次の週もできるかも知れない」だという見込みが持てませんか。

トレーニングが6ヵ月継続しているという人の体験談をじっくりと聴くのも非常に大きい刺激となるに違いない。

さらに身近な所にトレーニングを支援してくれる人、ご家族やお友だちがいたのなら言うことはないです。

トレーニングをやり続けることを考えれば、「やらなければ」とされる義務感ということではなく、「やり続けてみたいものだ」くらいのモチベーションそれこそが大切になるのです。

どうがんばってもトレーニングが持続できないという人には、何パターンかの傾向が見られます。

1.かなりの失敗体験を重ねることによって、見込み感が持てなくなってきている
「今回もどっちみち続かない」と思い違いしてしまっている人は、目標設定が高すぎるとは思えませんか。

さしあたって目標を諦めたりしない水準に下方修正してみることをおすすめします。

2.1人でひとりぼっちでトレーニングを行なっている
黙ってトレーニングに頑張るのも大切だといえますが、やっぱり1人だったら挫折する傾向にあります。

第三者の成功体験を聞いたり、アスレチッククラブに足を運んでいるならトレーナーに相談を持ちかけたり、悪い意味ではなく他の人にお願いするのだって大切なのです。

3.自分自身を誉めるというのが得意じゃない
誠実であるのは美徳のひとつですが、トレーニングの場合は、持続できいる自分自身を誉めて上げることだって大切。

4.ネガティブ思考で思いこんでしまう
「身体を動かすと疲労が残って明日仕事が出来るわけがない」「驚くほど痩せないのって、恐らく私がそういった体質なんだ」といったもの、否定的な思考は苦労の末の体の変化を見逃してしまうわけです。

無理をしてポジティブ人間となることは必要ございませんが、さしあたってトレーニングしている自分自身を肯定してあげるということから開始してはいかがでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。