体脂肪を効果的に消費可能なのは有酸素運動以外ない – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

体脂肪を効果的に消費可能なのは有酸素運動以外ない

健康な肉体をしっかり作るためには有酸素運動が必要な

有酸素運動とは、一般的には「息づかいが弾む感じの気軽な動きをリズミカルにし続ける運動」となっています。

人は身体を動かすためにはいつでも酸素を活用することから、基本的にあらゆる運動が有酸素運動なんですけれども、ウォーキングやエアロビクスなど意外と強度の低レベル運動は、100メートル走など強度のハイレベルな運動とは違うようで酸素不足がもたらされることが起きないでしょう。

運動をかなりの時間継続することが可能なので、意図的にそのような運動を「有酸素」運動と呼ぶのです。

有酸素運動を継続すると、心肺機能がパワーアップして心臓の容積が大きくなるのです。

心臓の容積が一段と大きくなると、1回の拍動で送り出すことができる血液の量も増していく、同様に最大酸素摂取量も高くなります。

こういったメカニズムは加齢とは関係なしに、中高年者でも10~30%の増加する可能性が高いといった研究報告を挙げられます。

高齢者の方だってトレーニングを積めば、マラソン大会ですばらしい成果を挙げられるようになるというのです。

有酸素運動には筋トレで分泌した成長ホルモンが分解して、血液中に溶け出した体脂肪を燃焼する働きをしてくれます。

それから、長い期間にわたって見ますと、代謝系や免疫系の機能をより良くする大きい効果が報告されているわけです。

心肺機能

心肺機能とは、筋肉などが活発化することに必要な酸素を取り込み、一緒になって二酸化炭素を排出する能力ということです。

肺で摂取された酸素は、血液に含まれる赤血球のヘモグロビンなどによって身体の隅々に及ぶまで運ばれて、筋肉といった末梢組織から排出した、二酸化炭素も血液に溶けて肺まで運ばれ外に排出されるのです。

心肺機能が向上するということは、自動車に置き換えるとエンジン性能が好回転するみたいなもので、身体はする以前に比べると格別に容易にと動けるといったような身体になります。

代謝系

一定期間だけ、規則的に有酸素運動を継続した場合、血中脂質がいい状態になります。

すなわち血液がサラサラとなってきます。

そういうことから、中性脂肪の減少、LDL(悪玉コレステロール)の減少、HDL(善玉コレステロール)の倍増、総コレステロールに関するHDLの倍増が実証されています。

免疫系

持久力ハイレベルな高齢者のケースでは、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重んじられている「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」の活性が高いというのが確認されています。

早い段階から適度な運動を習慣的それと長い期間やり続けることが望ましいといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。