筋肉多い体脂肪多い過体重肥満型 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

筋肉多い体脂肪多い過体重肥満型

有酸素運動を集中的にするようにしましょう

こちらのタイプになるとガッチリと大柄な体系で明らかに、「昔、ラグビーを始めておりました」という感じの、首が太い男性などが条件を満たします。

こちらの体型の人は成長ホルモンと一緒に男性ホルモンの分泌が活動的なので、筋肉が増えやすいという性質があります。

そういった人が体を動かさなくなったにもかかわらず、これまでと同じ様な食事を摂っていると、体脂肪は次から次へと増えてしまうのです。

筋肉量がたくさんあるので、生活強度を上げたり、有酸素運動に的を絞って努力するといとも簡単に脂肪が取り去れます。

考えている以上に容易に、目標とする体脂肪率を実現可能であるタイプであると言えます。

筋トレはほとんどのケースでしなくて、有酸素運動のみでうまくいくと思います。

しかしながら、「有酸素運動が得意じゃない」といった場合、ハードルが高くなります。

自分自身が楽しくなる、これだったら継続できると感じる有酸素運動をピックアップしてみたらいいと思います。

これまでと同じ様な食事を摂っていると

この体型の人は、タンパク質・脂質どちらとも旺盛に摂取している傾向にあるといえます。

ひとつの例として「早朝はソーセージにベーコンエッグ、昼間はカツカレー、夕方からは焼肉を口にすると満ち足りた思い」という様な毎食肉類が口に運びたくなる大食漢もよく見られます。

バイタリティーに満ち溢れた健啖家であるんだっていうことは良く納得できますが、生活習慣病の危険性も高くなります。

過体重肥満型の効果があるトレーニング

有酸素運動を継続する創意工夫を

体重が重く、筋肉量も多く見られるので基礎体力がほとんどないのはないでしょうか?

筋肉ではたくさんの酸素が活用されます。

有酸素運動を実践したら、筋肉量が多い場合その割合に応じて酸素がたっぷりと活用されますし、体重が重いにつれてエネルギーも消費いたします。

初めに活き込んで、高強度の有酸素運動を行なわないように頭に置いておくようにしましょう。

長時間維持できないんじゃ、脂肪燃焼量も期待されません。

インターバルトレーニング

強度の高いランニングみたいな有酸素運動と強度の低いウォーキングを一定時間の中において交替で反復します。

ランニングで直ぐに息が切れて疲労がもたらされても、それ以後のウォーキングで呼吸を調整すれば、また走れます。

その結果、長時間に及ぶ有酸素運動を継続することができる可能性があります。

スタミナがそれほどない

このタイプには「有酸素運動が得意じゃない、嫌い」という方が多いと思います。

筋トレを中心となって実践する必要はありませんが、実践するのであるならば「スモウスクワット」と似たようなもので低負荷+高回数をこころがけるべきです。

回数を数多く実践したら、筋トレも適している有酸素運動というわけです。

筋トレ スモウスクワット

・20~40回 2~3セット
低負荷+高回数向きの筋トレなのです。

大きな筋肉を活用して、ひとつの動作で非常に大きい運動量が得られるはずです。
過体重であろうとも、膝を曲げる角度に気を付ければ、膝関節に対する負担も軽く、用具も必要ありませんから家の中でいとも簡単にできるはずです。

2リットルのペットボトルを両方の手に持って。
足とつま先を外の方向に開き、つま先より膝を前には出ないことに注意して腰を落とします。

ペットボトルが床面に対しては垂直になりますように、スクワットの方法で上下しましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。