筋肉少量・体脂肪少量の低体重低筋量型 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 体脂肪を燃焼

筋肉少量・体脂肪少量の低体重低筋量型

体重がそれほどではないので筋力トレーニングに創意工夫を

このタイプは手と脚もスマートなやせ形ですので、年が若い男の人は草食系イケメン、女性の人ならモデル体型にもなると思われますが、筋肉・体脂肪とも少ないため、少々貧弱に映ってしまうこともあるでしょう。

比較的に小食で摂取するカロリーも少な目、牛丼特盛りでガッチリといった人は希少。

お昼ごはんは盛りそば、晩ごはんはお酒を飲みながらもつまみをちょこっと、というような食生活をやり続けてきたので、針という感じの体型となっている中高年もいるのではないでしょうか。

アルコール類でカロリーを摂るのじゃなく、きっちりと食事できるようにした方が良いでしょう。

胃腸がデリケートで下痢傾向、個人個人によって差は見られますが、筋肉が付きにくいの傾向が高いといわれています。

トレーニングの一連の流れとして、有酸素運動なんかよりもまず第一に、筋肉トレーニングをメインとして実践していくことが大事です。

体重がそれほどではないからこそ、あなた自身の体重を負荷にするトレーニングならば効果が上がりにくいの可能性もあります。

やっていただきたいのは、トレーニング施設によるマシントレーニング。

トレーニング経験があまりなくても、フォームがマスターしやすいように、筋トレ初心者でも目的にした筋肉へ、効果的に刺激を与えるということが可能です。

ダンベルなどという用具を活用して創意工夫をするのも役に立つでしょう。

筋肉少量・体脂肪少量の低体重低筋量型の食事

質のいいタンパク質とカロリーの摂れる和洋折衷の食事内容スタイル。

タンパク質が多く含まれる「肉類、魚介類、乳・乳製品・卵・豆類」の5品目は、1日に1~2回摂りたいものです。

吸収が効果的な必須アミノ酸のバランスの間違いないアミノ酸スコア100の食品、マグロの赤身、卵、牛乳、鶏の胸肉、和牛サーロイン(脂身なし)というものを意識して摂るように気を付けてください。

サプリメントの同時使用も構わないのですが、悪までも食事をベースにして考えること、どうがんばっても困難であるときにはサプリメントも効果があります。

必要なだけに絞ったカロリーを摂ることを考えて、和洋折衷型の食生活スタイルがいち押し。

有酸素運動

カロリー消費と比べて気分転換に当てる。

筋トレは中心とはいうのですが、筋トレばっかし行なっていると疲労感がなかなか取れないもの。

有酸素運動は消費カロリーを増加させるという目的ではなく、気分転換意識で導入することを意識すると安心できると思います。

スローに走るサイクリングは割りかし消費カロリーもほんの少し、風を感じ取ったり、スピード感を満喫したり、遠くに出掛けられるなど気持ちのリセットというわけです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。