下半身の筋肉を作り上げるという意識がアンチエイジングのすべて – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: アンチエイジング

下半身の筋肉を作り上げるという意識がアンチエイジングのすべて

30代から40代女性に役に立つアンチエイジング

これから先のアンチエイジング(抗加齢)に必要不可欠なとされているのは、下半身の筋肉を作り上げるという意識です。

アラフォーともなれば、女性も男性も、身体の変化をくっきりと気がつくようになると思います。

「痩せづらくなってきた」
「ボディラインが乱れてきた、肌にハリが消え失せてきた」
「疲れることが多い、疲労がとれなくなってくれた」

この世代の軽視できない悩みです。

そういう類の肉体的な衰えを食い止め、老いを感じさせない身体を手に入れたく、ひときわ効果のある方法が「下半身の筋肉を作り上げるという意識」というわけです。

どうして筋肉であるのか、どういうわけで下半身であるのか。

それについては理由を挙げられます。

なにより、何を目的として筋肉を付けるとアンチエイジングになってくるのかということを考えます。

脳を活性化するために、頭を使うトレーニングが効果的だと考えられているかもしれないのですが、本当のところは、手足を動かすことほど脳の活性化に向かうものはないのです。

運動をする事で筋肉を動かすことによって脳の神経成長因子が35%も増加するといいます。

「痩せる」というのを考慮してみても、筋肉ほど脂肪をエネルギー源となって消費してくれますものはないです。

筋肉量を増加させれば、日常的な生活のなかで利用されるエネルギーが多くなり、合理的に脂肪は燃焼されるのです。

それに対して、筋肉が少ないと暴飲暴食していないケースでもエネルギーとなって合理的に消費されることなくに脂肪が発生することが多く。

歳をとって肥満になりやすくなりつつあるとよく伝えられますが、これについては筋肉量が減少してきて、燃費のよい身体に失われているためで、年齢が原因ではないといえます。

運動をして筋肉が付いてくると、食べた物をちょんと消費してくれる身体に戻すことが可能なのです。

また、筋肉量が多いケースだと疲れづらくなっていくのです。

これまで階段を使うとすぐに疲れてしまっていたことが、楽にできる結果になる、ちょっとだけ走ったとしてもバテなくなるなど、生活の中において「疲れる」がもたらされることが抑えられてくるでしょう。

若さのキーポイント、成長ホルモンが多く分泌する

筋肉を大きく動作させることによって、成長ホルモンが分泌されることになります。

成長ホルモンはアンチエイジングに非常に大きい役割りを果たしています。

肌の水分量を保つとされるのは成長ホルモンの働きが影響しているものです。

肌は排出器官で、体温調節器官です。

毛穴から汗や皮脂といった老廃物を排出を行なったり、規則正しい体温に調節してくれたり、肌のトラブルを防いだりしていきます。

その毛穴から栄養素を取り入れて美容効果に期待するというのはどうと考えられます。

本来は肌のハリやツヤを作るというのは普段の食事から吸収されるたんぱく質といった栄養素です。

バランスのよい食生活を忘れないようにすることと、運動などによって成長ホルモンの分泌を増加させることによりみずみずしく弾けそうな老いを感じさせない肌を回復することをできるようにするというわけです。

成長ホルモンはそれ以外に脂質代謝を促して体脂肪を除去しやすくを行ったり、たんぱく質代謝を促進させてシワをできづらくするなど、免疫機能を保つといった力を発揮してくれます。

筋肉を働かせて成長ホルモンの分泌を活発化させるのは美容効果も見られるのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。