果物 バナナは胃腸の状態を改善するオリゴ糖が豊富、免疫力をアップさせたい時は「じっくり熟したら食べる」 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

果物 バナナは胃腸の状態を改善するオリゴ糖が豊富、免疫力をアップさせたい時は「じっくり熟したら食べる」

バナナは茶色いシュガースポットといった斑点が現れたら食べ頃で甘みも免疫力も向上します

オールシーズン、いかなる時でも景気にも左右されないお値段で食べることができるバナナ。

お手頃価格で甘くてうま味がある上、包丁を使用しなくても食べることができるし、本当に優れたところがほとんどの果物です。

だけども、お値段や味覚にとどまらず、バナナは栄養の面に置いても、優れたところがたくさんあるということです。

いち押しなのはむくみ解消してもらえます、カリウムが豊富な所です。

このことは、白菜や大根、かぶなど白い野菜と共通した栄養素。

塩分を摂取し過ぎたときや、むくみを気にしているときという様なことは、バナナを召し上がって解消しておくことをおすすめします。

もうひとつに、バナナのプラスの面は腸内環境を整えてもらえる効果が優れているところです。

バナナには胃腸の状態を良くしてもらえる水溶性の食物繊維ペクチンがたっぷり入っていますので、便秘のときなんかにバナナを食べると、胃腸の不要な成分をたくさん吸い込んで、スッパリ排出してくれるでしょう。

また、ペクチンは胃腸の中において乳酸菌を活性化さるオリゴ糖もたっぷりで、乳酸菌の働きも活性化されるはずです。

ですから、ヨーグルトにバナナを組み入れて、「バナナヨーグルト」として食べることによって、味覚だけじゃなく胃腸にだって非常に効果的な食べ合わせです。

イライラしたときや不眠傾向があるときこそバナナを食べてみる

もうひとつにのバナナの強みは、召し上がると満ち足りた思いとなって、リラックス効果のある「トリプトファン」という物質がいっぱい含まれているんです。

トリプトファンは、落ち込んだときに気持ちをポジティブにしてくれたり、眠れないときには安眠効果が見られる作用があげられます。

余談ですがトリプトファンは牛乳にだっていっぱい入っている栄養素です。

「気持ちをリラックスさせたいときやなかなか眠りに入れない夜中には、ホットミルクを飲むといい」と言われていることがありますが、このことはとてもすごく理に適っているのです。

そのような精神安定剤的栄養素がたっぷりと含まれているミルクにバナナをプラスすることにより、これまで以上にその効果は2倍アップします。

落ち着かないときや、なかなか眠れないときには、積極的に牛乳にバナナをプラスした「バナナミルク」が気に入ると思います。

バナナの栄養価が格段にアップするタイミングは・・・

バナナが熟して、間違いなく栄養価がアップしたとき、ある特徴が出てくるのです。

バナナをそのままにしていると、しばらくしてから茶色い斑点が現れます。この斑点は「シュガースポット」と呼ばれていて、ポツポツといっぱいの斑点が出れば出るくらいに、甘みがアップします。

しかしながら、実はある斑点が出るタイミングでは、甘みばかりかバナナの含んでいる免疫力も増量します。

免疫力をアップしたいならば、最大の絶好のチャンスは、スーパーマーケットにおいて半額くらいに書かれているような相当蒸れたというようなケースでのバナナ。

安くなればなる程、旨味のあるだけじゃなく体にだって効果のある、正真正銘バナナは称賛に値する食材です。

ちなみに、バナナの保存の最適温度は13℃以上。これ以上長くなりはじめると、黒ずんでいきますから、冷蔵庫に入れることは避けて「常温保存」を。

すぐに食べないのであれば、「冷凍」することをおすすめします。この冷凍バナナは夏のシーズンなどに食欲が低下している場合にピッタリ。

牛乳と共にミキサーなどによってミックスすることにより、手間なくバナナスムージーができるでしょう。

思う存分お腹に溜まることで朝ごはんの代替えにもなるはずです。食事替わりにアイスを食べるのって、ちょっとだけ罪悪感を持ってしまうところだと思いますが、バナナだったら健康的だし、体にも効果的だし、食欲が無くてもスンナリと喉を通ることから、十分な朝ごはん替わりとなってくれるはすです。

速攻パワーチャージしたいときは期待できる

けれども、バナナは果物中においては思っている以上に炭水化物が多いこと、カロリーはずいぶん高い水準です。

食べ過ぎに気をつける必要がありますが、食物繊維がいっぱい含まれていますし、カロリーもバナナ1本はご飯一膳の半分未満。

腹持ちが好ましいので、食べ過ぎさえしない限り、ダイエット食材ということでも活躍するわけです。

それから、バナナに含まれている果糖は、これ以外の炭水化物に違ってスピーディーにエネルギーに変わりやすいこともあって、何かしらエネルギーを出したいときには極めてパワーを発揮してくれる食材です。

ひとつの例として、同じ炭水化物でもおにぎりなどのような米類とバナナはエネルギーとなるスピードが違ってくるのです。

おにぎりなどの白米は、分解に時間が掛かりじんわり消化吸収されていきますから、エネルギーに変わるまでの時間が若干長めなのです。

そういうわけで、登山などのジワジワとかなりの時間体力を用いるスポーツをする人は、バナナよりおにぎりの方が合うといわれています。

一方のバナナは、素早い効き目があって、食べてスピーディーにエネルギーになってくれますから、スポーツ選手が運動の直前にバナナを食べる傾向が見られるようです。

バナナは、言ってみれば天然のエナジーフード。食事を食べる時間が取れないぐらい、忙しいときバナナをこっそりカバンの中に忍ばせて置くと、よいサポート食として一役買ってくれます。

・胃腸をスッキリさせたいときはバナナを食べてみる
・バナナプラス牛乳で深い眠り効果を手に入れられる
・キツイお仕事の前にバナナでエナジーチャージを

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。