秋の野菜 かぼちゃはビタミンの宝箱健康野菜のトップブランド – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

秋の野菜 かぼちゃはビタミンの宝箱健康野菜のトップブランド

かぼちゃは油を加えるとビタミンAがバッチリ摂れます

かぼちゃからアンチエイジング効果を手にするなら「天ぷらを選択する」。

ハロウィンといったアイコンということでも大活躍するかぼちゃ。ホクホクとした食感とほんのり甘い味覚が魅力の野菜なのですが、栄養面においてもとても優れています。

なにより、かぼちゃの中にはアンチエイジング効果を持っていて、皮膚や内臓など身体全体を酸化から守ってもらえる栄養素が充実しているビタミンA・C・Eがたっぷり入っています。

こちらの3つのビタミンはどれにしても美容には問題ないのですが、3つのビタミンを一緒になってまとめて摂ると相乗効果でこれまで以上に効果がレベルアップします。

とりわけ水などに溶けやすい繊細な栄養素と考えられるビタミンCも、かぼちゃに関してはそれほど簡単には壊れづらい。ほかにも、かぼちゃはビタミンCがかなり豊富な野菜で、グレープフルーツ同じくらいに入っています。

なお、血液を促進してもらえる栄養素ビタミンEの豊富さは、ありとあらゆる野菜がある中からトップランクに組み込まれています。

気温が低下してくる季節、冷え性や肩こり改善についてはピッタリくる食材。

かぼちゃには脂溶性のビタミンAが充実しているので、煮物よりも天ぷらなどの揚げ物や炒め物など、油をプラスしたほうが栄養はたっぷり摂ることが難しくありません。

また、乳製品をプラスするのも利用価値が高いです。牛乳と一緒に煮込んだポタージュスープにしたりとか、チーズをのせて焼き上げてかぼちゃのグラタンに創意工夫してみることだって良いかもしれません。

砂糖と牛乳を入れればパンプキンプリンとかも満喫できます。

かぼちゃに乳製品をプラスさえすればグイッとビタミンAの吸収がアップし、味の面からもかぼちゃと乳製品はかなり相性がよいワケです。

かぼちゃは皮にもたっぷりと栄養が充実しているので、できることなら皮ごと食べたいものです。

かぼちゃの種も捨ててしまうのはもったいない、基本的に栄養がたっぷり詰っているからこそ、摂取しないともったいない。

種の中にはビタミンEが多くある上、ナッツ類に多く含まれる天然の精神安定剤「マグネシウム」がいっぱい入っています。

心をリフレッシュさせたいタイミングでは、炒めてナッツ感覚で食べた方が良いでしょう。

そのまま食べることが出来ないならば、砕いてスープなどに入れるというのもオススメの。

野菜の種はとかく不用な物であると思われがちでしょうけれど、かぼちゃだけに限らず種に栄養ある食べ物は何種類も存在しています。

例えば、ブドウの種だったらグレープシードオイルという良質の油が摂れます。

南米を中心に生息している「チア」の種とされるチアシード。たんぱく質やカルシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンB群、食物繊維など、バラエティーに富んだ栄養素が詰まっており、健康を維持することに必要な栄養素を豊富に組み合わせた「完全食」という例えがぴったりです。

実はかぼちゃは、秋じゃなくって夏に収穫される野菜です。けれども、獲れたばかりのかぼちゃはもうひとつ甘みが不足していて美味しさが半減。

収穫すませてから、2ヵ月あたりそのままにして熟成されていたほうが甘く、美味しくなっていくのです。

思っている以上に日持ちするわけですから、保存食野菜においてもスグレモノです。

・かぼちゃ+乳製品で美しい肌効果が2倍アップ
・リラックス効果を手に入れたいのならばかぼちゃの種は捨てずに食べてみる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。