秋の野菜 ごまは天然の精神安定剤 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

秋の野菜 ごまは天然の精神安定剤

すりごまにして調理してイライラしてしまいますときにマグネシウムが大量に

脚がつる、まぶたがピクピクすることはマグネシウム不足のシグナル。

秋は実りの季節。それから木の実がたっぷりと出てくる季節。

木の実にはずいぶんさまざまな種類が存在して、くりやぎんなん、松の実、かぼちゃの種などをはじめ、ピーナッツやアーモンド、くるみなどの定番ナッツ。

それから正確に言えば、ごまも種実類。ナッツの仲間になるのです。

ナッツ類で注目を集めるというのが、マグネシウムの存在でございます。人体には欠かすことができない栄養素とされるマグネシウムなのですが、マグネシウムが不足するとほとんど、間違いなく代表的なことは「脚がつりやすくなる」といった症状。

汗をいっぱいかくなどによりマグネシウムが不足してしまったら、筋肉が正常に作用しなくなって、脚がつってしまうわけです。

そして、さらに代表的なマグネシウム不足のシグナルが「まぶたがピクピク動く」と言われるもの。

これにしても「仕事で疲労しているので」「目を酷使したから」「寝不足であるから」といったように理由をつけて放置してしまうきらいがある症状なんですが、否定できないマグネシウム不足。

ついでながらマグネシウムを放ったらかしにしておくと、突発的に倒れたり、突然死することもあるので、こういった気配が体に見つかった場合、あまり見逃さないで速やかにナッツ類などを召し上がって、マグネシウムを身体の中に摂取しましょう。

それからもう一つ、マグネシウムは別名「天然の精神安定剤」と伝えられていて、摂取するとイライラが解消されるという効果も期待できます。

マグネシウムがいっぱい含まれている食材は「ごま」。繰り返し「イライラした時にはチョコレートが良好」なのですが、チョコレートと比べて、ゴマを食べてみるほうが精神的に安定するにちがいない。

ところで、ごまはたっぷり食べる必要性がないので、ごはんやおかずなんかにパラパラと振りかけるぐらい。

注意するという点は、ごまは殻が固くて、その状態で摂取してしまうと、効率的に消化吸収されないことから、ごまを摂取するときは「炒りごま」と比べて「すりごま」のほうが望ましいと思います。

しかしながら、すりごまは酸化しやすいことから、一番最適な食べ方としては、炒りごまを購入してきて食べる直前にすりつぶすといったもの。

黒ごまと白ごまのいずれの方が健康によいと思いますか。どちらにしても栄養が豊富にありますが、黒ごまには黒豆や黒米などについても含まれているアントシアニンと呼ばれる栄養素が含まれています。

これらの栄養素は白ごまにはないですし、身体の中の冷えを解消し、エネルギー消費しやすい体を作る作用が存在します。

ダイエット効果を考えるからすれば、わずかな差で黒ごまのほうが栄養素が高いことになります。

脳を活性化させるぎんなん、疲労回復にアーモンド

秋を代表するナッツ類ということでくるみやぎんなん。

こちらのナッツには、脳の機能を改善する成分が含まれています。とりわけぎんなん、イチョウの葉っぱから「ギンコライド」という成分を抽出したサプリメントも発売されています。

このギンコライドになると血行を改善したり、脳に活性化をもたらしたりする効果を発揮してくれます。

イチョウの木の実であるぎんなんにもこのような薬効が期待が持てます。さらに、「若返りのビタミン」といった、ビタミンEが断トツいっぱい含まれているナッツが、アーモンドです。

ビタミンEには、血管を拡げて疲労物質が止どまるということを防ぐ効果を発揮します。そのため、肩こり解消や冷え症改善、若返りにさえ効果を発揮します。

アーモンドを5粒ほど口に入れると、1食分に必要不可欠なビタミンEがすべて摂れてしまうぐらい、栄養がいっぱいあります。

アーモンドバター、アーモンドミルクといった加工品も次から次へと出てきていますので、アーモンドの粒そのままだと食べずらいであったら、こちらを利用してみることをおすすめします。

若返りたいならばポーナッツの薄皮を食べてみる

多数存在するナッツ類の中において、ダントツに注目を集めているナッツ。

それは間違いなくピーナッツです。それに加えて、ピーナッツといってもナッツ本体じゃなくて、ピーナッツを包む「薄皮」に注目されているのです。

研究によると、ピーナッツの薄皮には「レスベラトロール」というパワフルな健康成分が含まれていて、この成分がDNAに刻まれている若返り長寿遺伝子のスイッチをオンに替えてくれます。

通常は「美味しくないので」「渋いから」と、話題のエンジ色の薄皮を剥いてしまう人も多いとおもうわけですが、話題の渋味こそ長寿遺伝子をオンに替えてくれる作用があるわけです。

実際、いろいろな製菓メーカーがピーナッツの薄皮から、アンチエイジング用の薬を開発しています。

「渋いものには健康成分が詰っている」というロジックは、ナッツにも共通していまして、栗の渋皮なんかも知らず知らずに捨ててしまうものですが、ピーナッツほどではありませんが、健康成分を含むので、深く考えることなしに捨てないで食べてみたらいいと思います。

とは言っても、ナッツ類はピーナッツだけじゃなく、多くの場合カロリーが高いことから、「健康に良いから」と食べ過ぎてしまうことで、吹き出物や肥満の原因になるかも知れません。

食べるにしても、一度で片手一握りの量でオーケー。それからは、お腹がすいているときには、甘いものよりナッツ類を召し上がると、腹持ちも良いだろうし、栄養も摂れることもあって、よくよく理想的なおやつと言えます。

・脚はつりやすいケースではすりごまを
・疲れが出ていると感じた機会を見てアーモンドを5粒
・ピーナッツの渋皮を召し上がって若返り効果を

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。