秋の野菜 れんこんはズボラしちゃったほうが栄養価は抜群である – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

秋の野菜 れんこんはズボラしちゃったほうが栄養価は抜群である

れんこんのアクの中にはポリフェノールを持っておりアンチエイジング効果のほどが大

若返り効果を意識して、れんこんはアク抜き取りやめにする。

野菜の中においては、ズボラをしたほうが、よりいっぱいの栄養を摂ることをできるようにするものが見受けられます。

そういった「ズボラ問題ない野菜」の一つが、れんこんです。

れんこんは切ったなら、しばらくの間何もせず放っておくと、ほんのちょびっと色が黒味をおびるという性質を持っていることから、れんこんを切ったあと、水にさらしてアク抜きをやっています。

けれどもこのこと、基本的にかなりもったいない。

れんこんのアクの中には「ポリフェノール」がいっぱい含まれていて、こちらのポリフェノールが細胞の酸化するということを防ぎ、アンチエイジング効果のほどをもたらしてもらえます。

また、わずかばかりのえぐみは残るかもしれないけれど、れんこん特有の味わいというものを楽しむのならば、アク抜きはやらないほうが風味的にもうま味があるのです。

それのみならず、れんこんは食物繊維が豊富なことに加え、ネバネバ成分もたっぷり含んでいることで、胃腸トラブルにおいても実効性のある効果があります。

ビタミンCも豊富で、その中の量はレモン果汁大差ないくらいです。

れんこんは調理の方法のやり方ひとつで、味や食感が丸っきり変わっていきます。

シャキシャキさせた食感を楽しみたいならば、立て切りで薄く切ることがおすすめの。

このことはれんこんの繊維に沿った方向にれんこんを切ることによって、食感が非常にシャキシャキして美味しく変わるのです。

一方で、れんこんのほっこり、ネットリした食感を楽しみたいならば、丸い穴が良く分かりやすいような切り方「よこ切り」。

これは、繊維を断ち切り方ですので、立て切りとは違って柔らかな歯ごたえに変化します。

なお、ほんのちょびっと分厚く切ったほうが、れんこんの持っているほっこり、ネットリした食感をしっかりと楽しむことができるのです。

・れんこんはアクを抜かずに味わってみることでアンチエイジング効果を引き出す
・れんこんは切り方を取り替えて食感に変化を

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。