冬の野菜 冬は免疫力をレベルアップしてもらえる栄養素がギッシリと詰った白い野菜に期待 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

冬の野菜 冬は免疫力をレベルアップしてもらえる栄養素がギッシリと詰った白い野菜に期待

貧血やアンチエイジング効果を発揮する緑の葉物野菜も豊富にあります

寒さや乾燥などによって、コンディションを崩し傾向が高い季節であるからこそ、旬の野菜を効果的に体に摂り入れる工夫をしてください。

冬の野菜 大根・かぶ白い野菜は「生」で召し上がると免疫力が倍増し

大根おろしは時間が経過すると、ビタミンCやがん予防効果が認められる。イソチオシアネートが激減していきます。

色鮮やかな野菜いっぱいの夏とは対照的に、冬は大根・かぶ・白菜などといった白っぽい野菜が多いというのが特徴ではないでしょうか。

それを受けて、冬の野菜はどことなく地味で栄養なんかないみたいと思われてしまうわけですが、それって大変な誤解なんです。

なにより、冬に現れてくる白い野菜の中においても代表的なというのが、大根とかぶ、なんとこの2つの野菜だけに限らず、冬野菜は疲れた体を癒してくれるといった感じの「きめ細かい効能」を持ち合わせた野菜が多いわけであります。

大根とかぶには、大きく分けると2つの効能が存在します。

ひとつ目は、体内の白血球をパワーアップさせてくれて、免疫力をアップさせもらえる点。

そのため、風邪を引いた時、喉の痛みがもたらされるときなんかには、大根やかぶを召し上がると治りが早まるとのことです。

もう一つにの効能について取り上げられるのが消化酵素です。野菜の中には消化酵素が含まれているものが大半になりますが、取り分け大根の消化酵素「ジアスターゼン」はかなり飛び抜けた。

これはデンプンを分解する作用があることで、食べ過ぎた時には大根おろしを召し上がると、食べ過ぎて出っ張っていたお腹が、グイッと楽になれます。

その中でも餅をいっぱい食べたケースではてき面の効果を見せてくれます。

冬はクリスマスや年始などで知らず知らずに食べ過ぎてしまう季節なわけですから、冬の野菜をいっぱい召し上がってお腹をゆったり休めるべきです。

それから、免疫力アップとしても、消化酵素を活かすとしても、大根やかぶなど白い野菜の栄養素を傷つけない料理法は「生で食べる」ということなのです。

トマトなどの夏の野菜は加熱したほうが栄養価がアップするのと、対照的なのです。

間違いなく、鍋や煮物などに入れて熱すれば、トロトロとした軟らかい食感に変わっても美味しいことから、加熱して食べるのだって間違いなく問題ないのですが、用途にマッチするように生で大根やかぶを味わってみるのも良いのではないでしょうか。

大根の酵素は熱に弱々しくて、時間が経過するとビタミンCは低減します。

また、がん予防効果を発揮する辛味成分のイソチオシアネートは揮発性ですので、時間が経過すると激減してしまいがちです。

ということで、大根やかぶをすりおろして食べるときには、食べる直前に料理してください。

すりおろしかぶを召し上がると風邪薬はいらない

大根やかぶなどの白い野菜には、免疫力をアップしていただける薬効が見受けられます。

何かと取り沙汰されているのが、かぶに含まれているリゾチームといった酵素です。リゾチームは、販売されている風邪薬などに配合されている成分で、風邪を引いた時などに召し上がると免疫力がアップし、炎症というものを抑えていただける働きがあります。

このリゾチームは加熱処理するとパワーがなくなっちゃうので、食べるときは生がおススメだね。それから、生のままですりおろすことで、食べ物の細胞膜が破れることで、より酵素が吸収しやすくなってくるのです。

また、かぶは根元に近いほうがリゾチームが多く含まれていることから、状況が許す限り根っこに近い部分をすりおろすと免疫力をアップさせる効果が期待できます。

風邪を引いたなら、風邪薬を飲むよりも前に、生のかぶをすりおろして食べてみるのもいいのではないでしょうか。

かぶや大根の葉っぱは絶対に投げ捨てないでいただきたいです

大根やかぶの葉っぱ「邪魔であるから捨ててしまう」。でも、大根やかぶの葉っぱのほうが白い部分とは違って栄養価が豊富にあります。

このような葉っぱの部分には、カルシウムや鉄分、ビタミンAなど、くすみ予防や造血作用なんかに欠かすことができない栄養素がギッシリと詰っているのです。

こういった栄養素は同じような大根やかぶでも白い部分には体を作る上で欠かすことができない栄養素がほとんど。

スーパーマーケットで出回っている大根やかぶに葉っぱが付いているのを見い出したら、ためらいなく購入しておいしい状態で食べたほうが良いでしょう。

貧血傾向がある方には、何はともあれオススメいたします。

スーパーマーケットなどによって販売されている大根やかぶが葉っぱを落として並べられているのがほとんどを占めるのは、根菜類は生命力が強いことから、葉っぱを付けたそのままにして置くと、白い部分の旨みや栄養がしっかり葉っぱに吸い取られてしまって、白い部分の味わいが落ちるからなのです。

万が一にも葉っぱ付きの大根やかぶを発見したらためらいなく葉っぱの部分は根元から落とす。

葉っぱと白い根の部分は別にして保存しておく方が一段と長く美味しさに保っておくことができるのです。

・風邪を引いたら、かぶのすりおろしを
・大根おろしで消化促進
・貧血ぎみだったら大根の葉っぱを食べてみる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。