冬の野菜 緑の葉物野菜(ホウレン草、ちんげん菜、小松菜) – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

冬の野菜 緑の葉物野菜(ホウレン草、ちんげん菜、小松菜)

ホウレン草の根っこを摂取すると貧血がちに効きます

貧血防止、新陳代謝促進やうつ病対策を対象にした万能栄養成分「葉酸」。

ホウレン草や小松菜、ちんげん菜、春菊なんかは、冬の季節の葉物野菜は、ビタミンA、ビタミンB、カルシウム、鉄分であったり、栄養素満点になります。

他のものよりも忘れて欲しくはない栄養成分が葉酸です。葉酸は、葉物野菜にたっぷりと含まれている成分で、血液サラサラ効果や貧血を予防する効果が期待できます。

女性の皆様にはとりわけ意識して食べてもらいたい欠かすことができない栄養成分とされるものです。

「貧血」といいますと鉄分不足をイメージする人もたくさんいるわけですが、鉄分を体内に入れることのみではまだまだ不足していると言えます。貧血を改善するためには、葉酸も欠かすことができない栄養成分です。

「今日はほんのちょっと頭の働きが良くない」「今日は妙にあくびがいっぱい出てくるな」と言うなら、貧血のサインの可能性がありますので、できるだけホウレン草に代表される、冬の季節の葉物野菜(根っこの中には栄養成分がたっぷりと)をたっぷり摂取して、パワーを充電していきましょう。

貧血をそのままにしてしまったら、なにより顔色が悪くなり、毎日の行動の仕方にパワーがなくなっていきます。

また、頭がぼんやりとしちゃって、集中力が鈍ってしまいますし、疲れることが多く、少し動いただけであっても息切れしちゃったり、健康なときとは違って、パフォーマンスがガックリと落ちるし、注意力も下がるので、悪い場合には事故というものを起こしやすくなっていくと思われます。

しかし、ホウレン草に代表される冬の季節の葉物野菜だと、鉄分も葉酸もどちらともたっぷりと含まれていることから、貧血予防にはおすすめしたいと思います。

そして、葉酸は身体的な新陳代謝を手助けする上でも重要な働きを行なっています。

実際には妊娠中の女性の皆様は、医者から「なんといっても葉酸をいっぱい摂ることを守って」と言われるわけですが、これについては葉酸がDNAの合成に揃えておかなければならない栄養成分ですので。

身体の中の赤ちゃんが成長する上で、数多くの細胞分裂を重ねて行くことになりますが、その細胞分裂を正常にすることを狙って葉酸は欠かすことはできません。

このことは、大人の新陳代謝に関しても共通して、葉酸をいっぱい摂取すると、身体的な細胞の代謝を活発にしてもらえます。

近頃では何社ものメーカーが葉酸入りの健康機能食品を売り出しているくらい注目を浴びているわけですから、冬の季節はできるだけ濃い色の野菜をいっぱい召し上がって、新陳代謝を活性化させ若返りたいものです。

身体を作る上で揃えておかなければならない葉酸ですが、うつ病を予防する働きがある栄養素ということでも大注目です。

実際のところ、うつ病の病を患っている方を調べてみると、葉酸不足の状態になった人が極めて多いと伝えます。

「ポパイのホウレン草」じゃないのですが、ホウレン草などといった葉物野菜については心と身体ともに人をパワーアップさせてもらえる力が含まれていると考えられます。

また、葉物野菜の中においてもホウレン草には際立っていっぱいの鉄分が含まれていますが、とにかく記憶に留めていて欲しいのは「ホウレン草の根っこを捨てない」ということなのです。

ホウレン草の根っこは、ちょっぴり赤みを帯びているわけですが、これって鉄分がたっぷりと入っている証拠です。

どういった野菜でも根っこの部分に知らず知らずに捨ててしまうかもしれませんが、ホウレン草に関しましてはサクサクと洗い流して、葉っぱの部分と併せて召し上がると、造血効果(貧血予防)があげられます。

くすみ解消には、ちんげん菜+鉄分

春の野菜クレソンが、ありとあらゆる野菜の中において際立って栄養成分密度が高い野菜としては、アメリカの大学研究者などによって発表されたのですが、第2位にランクインしているのが、冬の季節の葉物野菜「ちんげん菜」です。

ちんげん菜には「アリルイソチオチアネート」と言われる辛味成分がたっぷりですが、これってわさびなどにおいても入っている成分で、がん予防や抗酸化作用に効果が期待できます。

また、ビタミンA・C・Eが入っているんで、美肌を維持したい時にもちょうど良い食物です。

その中でも特にビタミンCが豊富なことから、鉄分のけっこう多いアサリと同時に料理すると、くすみ解消にも効果を発揮します。

ビタミンCは水溶性のビタミンですので、茹でるよりもササッと炒めるなどして料理したほうが栄養素をきちんと摂ることができるのです。

それらの他にも、冬の季節の葉物野菜でビタミンA・C、カルシウム、鉄分、葉酸などいっぱいの栄養素が含まれているというのが、春菊。

なお、春菊は生でも食べることができることから、鍋物などにうんざりした時はサラダとしてもおすすめいたします。

サラダにはカルシウムの吸収を良くなるように、ちりめんじゃこといった小魚類をちょっとだけパラパラと振りかけて食べたほうが良いでしょう。

なお、春菊の爽やかでちょっとだけほろ苦い香りは「食べるアロマ」ということで助けになります。

実際のところ、フランスでは春菊はアロマ野菜とされて、生で食べるのは普通です。

[check]アンチエイジング効果を希望するなら冬の季節の葉物野菜を
[check]貧血予防にはホウレン草の根っこが期待できる
[check]くすみ対策のためにはちんげん菜+あさり(鉄分)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。