冬の野菜 ブロッコリー、カリフラワー – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

冬の野菜 ブロッコリー、カリフラワー

ビタミンCはお湯に溶けやすいことからわずかな水で蒸して料理する

美肌効果を望むなら「わずかなお湯で蒸す」。

つぼみパワーが盛りだくさん、がん抑制効果が高いブロッコリー。

ブツブツした緑の部分、茎だって丸ごと食べられるものすごくお得になる野菜ブロッコリー。

元々は「花を咲かせないキャベツ」ということで品種改良された一品。あのブロッコリーの緑色のブツブツはどれもこれもが小さなつぼみで、アスパラガスやスプラウトと同じ、「つぼみの持つ成長パワー」が盛りだくさん含まれています。

このつぼみパワーだと「スルフォラファン」というがん予防に効果的であるとされる酵素が関わっているのですが、この酵素を効果的に摂取するには、食べる方法にコツがあります。

このことは、「とにもかくにもよく噛んで口にする」こと。よく噛むことによって、スルフォラファンの保持している解毒作用や抗酸化作用が格段とパワーアップします。

それ以外にも、ブロッコリーにはシミ予防にいい働きをするグルタチオンやアンチエイジング働きがあるビタミンA・C・Eなどが含まれていて、とんでもなく栄養価が高い野菜のひとつ。

ただし、こちらで注意したいというのが、ブロッコリーの料理法です。

ブロッコリーに含まれている栄養素の大半は水溶性と呼ばれて、水に溶け出してしまうものがほとんど。

その中でもブロッコリーはビタミンCがとっても豊富ですが、お湯に浸けるとそれだけのビタミンCの量は半分以下になりかねません。

スープなんかにして栄養素が含まれた汁をすべて飲むとよいのですが、あの茹でたばかりのホクホクした食感を味わうことを考えて一番のおススメは、お鍋にお水と油をほんの少し入れて、蓋をやってしっかり作る「蒸し焼き」です。

そして、ブロッコリーを食べる場合でも、さらに重要なポイントは「買ったら素早く食べる」という点。

このブロッコリーはかなり鮮度が落ちやすい野菜で、たかだか3日経っただけのことで、ビタミン類の栄養価や旨味が半分くらいまでに半減してしまいます。

冷蔵庫で保存する場合には、野菜室じゃなくって、チルド室がちょうどいいと思います。

ブロッコリーが凍るギリギリまで冷やされることによって、つぼみパワーの働きを弱め、鮮度をキープすることができるでしょう。

栄養価で購入するならば色付きカリフラワー

ブロッコリーと見せかけがそっくりであるのがカリフラワーなのですが、こちらだって疲労回復してもらえるビタミンB1や粘膜を保護するビタミンB2、美容ビタミンのビタミンCがたっぷり。

ただし、「緑色」のパワーを持っているブロッコリーのほうが50倍ほどβカロテンが豊富なことで、栄養価的にはブロッコリーに軍配が上がりそうです。

ただ、カリフラワーの中にはオレンジやバイオレットなど、色付きの物も登場しているわけです。

オレンジ色の物には美容ビタミンのβカロテンが、あるいはバイオレットの類には若返り効果を発揮するアントシアニンが含まれています。

ブロッコリーはこの他にもさまざまな種類がありまして、アスパラガスと同じく細いスティックブロッコリー、サイシンという中国野菜とブロッコリーを掛け合わせた「はなっこりー」なども見受けられます。

こちらだって栄養豊富なものばっかりです。

[check]栄養価を逃さないことを願うなら水に浸けずに料理
[check]ブロッコリーは買い求めて、3日よりも前に残さず食べる
[check]カリフラワーは色付きの物を選択しよう

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。