冬の野菜 ごぼうはアク抜きをやってしまうとアンチエイジング効果が低下します – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

冬の野菜 ごぼうはアク抜きをやってしまうとアンチエイジング効果が低下します

ごぼうはアク抜きをやらないで皮のまんま料理したほうが健康的な食材、体の酸化を予防するには「水にさらさない」

木の根っこのような見た感じでありながらも、食物繊維がたっぷりの野菜の代名詞とされる「ごぼう」。

ごぼうにおいては独特のアクがあることから、大半はごぼうを切ったら、水にさらしてアクを抜いていると思われます。

けれども、ごぼうはアク抜きやらないほうが、間違いなく栄養価も美味しさも増加します。

ごぼうのアクの中には、ポリフェノールのひとつである「サポニン」が含まれていますわけですが、このサポニンとしては若返り効果が詰っているわけです。

サポニンを体内に取り入れると、体の酸化を防いでもらえる上、抗がん効果やコレステロールを抑制する役割を果たしてくれます。

また、ごぼうを口に入れるときは、皮を剥くと思われますが、ごぼうの皮と実の間にはたっぷりと栄養素が詰っております。

すなわち、ごぼうの皮を剥くと身体に良い栄養素が大幅に半減してしまいます。

ごぼうの皮を気にしているときは、たっぷりの水とたわしで皮を洗い流したり、包丁の背で擦るだけのことで大丈夫です。

このようにしておくことで、手間ひまかけて皮を剥かなくても、大部分の硬い皮は取れてしまうわけですし、食感も思っている以上に気になりません。

ごぼうやにんじん、しょうがは手際よく洗えば、皮付きのまんま料理するほうが間違いなく美味しいです。

泥の付いた見た感じの理由から、皮を剥いたりとか、アクを取ったりしちゃうごぼうなのですが、そのまんまの方が味覚も栄養価もアップするのでそうやってください。

食物繊維がたっぷりのごぼうは腸内環境をきれいにする強い味方です

ごぼうの栄養と言うなら、食物繊維です。

ごぼうには、水に溶けづらい食物繊維とされるセルロースと、水に溶けやすい食物繊維のペクチンのどちらとも5:5の割り合いで配合されています。

ということなので、お腹をスッキリしたい時は、ごぼうはダントツに強い味方になってくれることでしょう。

それからごぼうの素晴らしい所は、素材が固い食感ですので、なんといってもたっぷり噛まないと飲み下せないという点なんです。

食べ物を噛むと唾液がいっぱい出てきます。その唾液の中においては「パロチン」といった若返りホルモンたっぷりで、いっぱい食べ物を噛むと、それに見合うだけ多く唾液が分泌され、アンチエイジングに非常に効果があるというわけです。

唾液は「老化に伴って出づらく変化する」と言われていますが、それとは逆になればいっぱい噛んで唾液を大量に出すと、それに匹敵するだけ若返りホルモンが出てきて、若々しくなることができるということ。

はっきり言って、食べ物をしっかりと噛む習慣がある人であるほど、若々しく見た感じをキープしているケースはよくよく大勢いるのです。

そして、最後になりますがごぼうの料理法につきまして。切り方に関しましては、分厚く切られたとしても、笹がきでも輪切りでも斜め切りでもパーフェクトにOKなのです。

それだけではなく、ごぼうは切り方などによって大いに味わいが変わってしまうもんで、さまざまなバリエーションを味わって、お気に入りの切り方を見つけましょう。

[check]ごぼうのアクは抜かないほうが若返り効果をUPします
[check]お腹のトラブルを起こしている時は、ごぼうで腸内環境をリセット

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。